【社会人マナー】新しい職場で可愛がってもらうコツ!

新しい職場で可愛がってもらうコツ!

職場

早く「みんなの仲間」になるには?!

「新しい職場」って緊張しませんか?

仕事のことはもちろん、

先輩方とうまくやれるかな…?という不安も大きいですよね。

 

20代の頃の私は、「仕事がデキる→認めてもらえる→先輩方と仲良くなれるはずだ!」と

思いこみ、早く仕事を覚えようと必死でした。

30代後半の今まで、様々な職場で働いてきて、自分が「後輩」になったり

「先輩」になったりして感じたことを「あの頃の自分」に言ってあげたいです!

 

「<先輩に可愛がってもらうコツ>があるんだよ!」と。

ということで、そんなコツをご紹介いたします!

 

お↗はようございます!あ↗りがとうございます!

挨拶って「突然話しかけられる」ようなものなので

相手は心の準備ができておらず、あまり聞こえていません。

どんな声の大きさで言っても「緊張する」のは一緒!なので、

大きい声でドカーンと言いましょう。

勇気を出すのが1回ですみます。

遠くの人に声をかけるようなイメージで、お腹から声を出すと

大きな声になります。

 

それから、「ありがとうございます!」を頻繁に言いましょう!

特に、「こうしたほうがいいよ」という注意をしてくれた時。

言われたほうは「ミスしちゃった!」とドキッとしたり、

時には「いちいちうるさいなあ~」と思うこともありますが

ちょっと、ひと頑張り。「ありがとうございます!」と言いましょう。

先輩は「自分が嫌われるかもしれないリスク」を負って

注意してくださっているので、きっとドキドキしています。

 

挨拶・お礼の言葉は、イントネーションも大切。

「あ→り→が→と→う→ご→ざ→い→ま→す」と同じ音程で

「ただ言う」のではなく、

「あ↗りがとうございます」のように、上昇していく、体育会系のイメージで。

生き生きとした声は、相手に元気を差し上げられますよ!

 

細かなことまでホウレンソウ

「新人さん、何かやらかすんじゃないか?」と

先輩方はハラハラしています。

職場によって、仕事のルールは全く違うので、

新人は「きっと、こうだと思う」という「予想」をせずに

職場のオキテを知っていかねばなりません。

初めは特に、

・報告(○○終わりました!など)

・連絡(こんなことがありました、など)

・相談(~について、どうしましょうか?)

を細かく。

ミスをしても、問題が大きくなるのを防げるので

お互いのストレスを減らすことができます。

 

思いやりの気持ち

話しかける時に「今、相手に話しかけて大丈夫かな?」と気遣いをしたり、

何度も同じことを聞かなくてすむよう、メモを取ったり、

声をかける時に「すみませ~ん」ではなく、「○○さん」と名前を呼んだり、

相手を尊重する、思いやりの気持ちも大事です。

 

「デキる人になる」ことを目指してガツガツするよりも

信頼できる人だな、と思ってもらえるような行動を

コツコツ積み重ねるほうが、「あなたと一緒に仕事をしたいな」と

思ってもらえるようになります。

 

「仕事ができるか」よりも「永く一緒にいてほしい人か」を

みなさんがよーく見ていると思います。

 

まとめ

仕事2

・挨拶は、お腹から声を!体育会系イントネーションで!

・報告・連絡・相談で、お互いのストレス減

・相手を尊重・思いやりの気持ち

継続すれば、「みんなの仲間」になれる日が

早くやってきますよ♪

 

「社会人マナー」の記事一覧

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ