【土用の丑】土用は、なぜうなぎ?うなぎを食べる理由がある!

土用の丑の日っていつ、どんな日

ううううなぎ1

夏といえば、夏バテ。

夏バテに効くのはうなぎ!と聞いたことはありませんか?

皆さんはなぜ、土用はうなぎなのか知っていますか?

今回はその由来と、うなぎを食べるメリットをご紹介したいと思います。

 

土用とは何?

土用とは、暦の立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ18日前の期間のことをいいます。

そのなかで十二支が丑の日を「土用の丑の日」と言って、夏だけが有名なのですが、

本当は年に4回以上もあるのです!

 

2016年の土用の丑の日は7月30日(土)です。

 

 

ではなぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのか

なんと、うなぎは飛鳥・奈良時代から滋養強壮に言いと言われてきました。

万葉集にも「夏バテでやせてるならうなぎを食べなさい」と歌われていて、

古くからうなぎは日本人にとって健康食材だったんですね。

 

ではなぜ夏の土用が有名になったのでしょうか?

有力な説では、江戸時代の発明家・平賀源内が鰻屋さんから相談を受けたことが

由来だと言われています。

そのうなぎ屋さんはうなぎが売れずに困っていました。

 

そのころ丑の日には「う」のつくものを食べると夏負けしないという言い伝えがあり、

それにならって「丑の日にはうなぎを食べよう」という広告を軒先に張ってはどうか?

というアドバイスをもらい実践したところ…、

大繁盛してしまったのです!!

他の鰻屋もお客さんを取られぬように真似するようになったそうです。

 

なぜうなぎを食べるのは夏の土用の丑の日なのか?

土用の丑の日は1年間に4回あります。

現在うなぎを食べる習慣があるのは、『夏の土用丑の日』だけです。

これは、当時の平賀源内が起源とされる、うなぎを食べる風習が『“夏の”土用丑の日』だったから。

現在「土用丑の日」と言えば、夏の土用丑の日となるのです。

また、本来うなぎは冬が旬なので夏にはあまり売れなかったんです。

売れないうなぎを売るために、うなぎを食べる習慣をつけたと言われています。

 

 

うなぎのすごい栄養!うなぎを食べないでどうするの!?

ううううなぎ2

うなぎの機能効果といえば、

がん予防、ボケ予防、風邪予防、美肌効果、動脈硬化予防など多岐に渡ります。

その素晴らしい栄養素ですが、豊富なたんぱく質をはじめ、100グラムのうなぎのかば焼きで

2日分のビタミンA、ビタミンB1、B2、D、E、カルシウムに鉄分!

とこれだけでもすごいことがよくわかりますね。

ビタミンAは胃腸病や風邪を予防し、ビタミンB!は疲労回復に効果的。

納豆や豚肉にも豊富なビタミンB2はニキビなどの肌荒れの際に、皮膚の再生を促進してくれます

(女性にはうれしいですね)

これだけの効果があると思うと、うなぎを食べずにはいられなくなってきました。

 

うなぎには色んな温め方がある?

さぁ、うなぎを食べよう!と言ってうなぎを買ってきたはいいものの、

普通に温めるとちょっともったいないかもしれません。

うなぎは電子レンジの温め方法もありますが、フライパンでも出来るそうですよ!

うなぎをおいしく食べるために、ちょっと調べてみては如何でしょうか?

うなぎ温め方

うなぎってこんなに素晴らしい食材だったんですね!

皆さんも夏バテ防止、健康維持のためにうなぎを食べてくださいね!

 

「土用の丑」の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ