【お盆】お墓参りには行けそうにない。そんな時どうしたらいいの?

お盆のお墓参りに、いけないときは

墓参り

夏真っ盛りで暑い日が続きます。静かなお盆が近づいてきましたね。

そもそも、お盆とは?

日本の夏に行われるご先祖様の霊を祀る一連の行事です。

日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事で、現在では太陽暦の8月15日を

中心とした期間に行われることが多いのです。

お盆には、ご先祖様のお墓参り。

家族や親せきと行ってる人も多いでしょうね。

日ごろお世話になっている人や、ご先祖様にもお礼を言わなくちゃ。

お盆の期間は4日間(13、14、15、16日の4日間)で13日を盆の入りと呼び、16日を盆の明けと言います。

服装はどうしたらいいの?

お供えってどうするの?

いろいろ気になっている人も多いかもしれませんね。

お盆のお墓参りは、普段のお墓参りとはちょっと、しきたりが違うのです。

堅苦しいことはありませんが、では、正しいお盆のお墓参りはどうすればよいのでしょうか?

 

 

お盆のお墓参りはいつ行ったらいいの?

 

お盆のお墓参りというと、お盆休みに入る8月13日頃から。

という人が多いようです。

でも、場所によっては旧暦の7月13日からという所も少なくないようです。

お盆には、ただ単にお墓参りをするだけではなく、迎え火や送り火を焚くという家も多いでしょう。

7月、もしくは8月13日にお墓参りをして、その時に迎え火を焚いてご先祖様をお迎えし、

16日に送り火を焚いて、お見送りをする。というのが一般的です。

長崎市のお盆の行事である精霊流しは、送り火の形の一つと言われています。

精霊船は初盆の家のみが作るのだそうです。

五山送り火もお盆のご先祖様のお送りの行事のひとつです。

お墓参りだけに行く場合は、同じように7月もしくは8月13日ごろから16日ごろまでにすませます。

墓参り2

 

お盆のお供えってどんなもの?

 

精霊棚(しょうりょうだな)

精霊棚とは、お盆の時期のみに用いられる、祭壇のようなものです。

お盆の間は位牌を仏壇から取り出して、仏壇の扉は閉めて、その前に飾り付けをします。

 

盆花

盆花とは、精霊棚の綱に逆さに吊るす花のことをさします。

盆花を綱に吊るすことなく、花立てに盆花を飾るだけの地域もあります。

逆さに吊るす代表的な盆花には、ほおずき、ガマの穂、枝豆などがあります。

 

きゅうりの馬 なすの牛

手作りの馬と牛を、キュウリとナスで作って位牌の前に飾ります。

キュウリの馬は、馬に乗って少しでも早く来て下さいと言う気持ちを、ナスの牛は、

帰る時には牛に乗ってなるべくゆっくりお帰り下さいという気持ちを表わしているそうですよ。

 

 

お盆にお墓参りに行く時はどんな服装が良いの?

お盆のお墓参りに行く時に意外と悩むのが服装ですよね。

お墓参りに行くときの服装って、どんなものが正しいのでしょう?

法事や法要などの時にはきちんと黒を基調とした正装をする必要がありますが、実は

お盆のお墓参りの時の服装は、特に決まりというものはないんです。

平服、つまり普段着でOKなんだそうです。

ただ、親戚間で喪服などを着用するというのであれば、周りに合わせる必要があります。

シンプルな平服で良くても、お墓参りには他の遺族の人と会う機会も多いでしょう。

その人たちにも配慮して、派手過ぎないもので、常識の範囲内で良いのではないでしょうか。

 

ただ、新盆・初盆の時には法要を行うという事が多いので、喪服を着用することが多いですが。

結局は喪服が無難っていうことですね。

私は、暑くて汗をかくので、黒の無地のTシャツです。

黒のパンツに、黒のカーデガンを羽織る程度です。

お墓参りの後に、親戚で食事に行くことも多いですから。

 

お盆の墓参りに行けない時はどうしたらいいの?

お盆のお墓参りは、ご先祖様を供養するという大切な行事の一つ。と考えている人も多いと思います。

でも、お墓が遠い場所にあったり、どうしても外せない用事などで行くことが出来ないという人もいるでしょう。

どうしてもお盆中にお墓参りに行けないときは、お盆の時期よりも早くお墓参りに行っておくという事。

期間よりも早くいくことで、ご先祖様への気持ちには変わりはありませんから。

親戚や、実家などに連絡をして、どうしてもお盆にお墓参りすることが出来ないという旨を事前に

連絡をした後に、お供えするお菓子などを送るのも良いでしょう。

 

 

まとめ

お盆のお墓参りというのは、普段のお墓参りと違ってご先祖様の魂が一時的に戻ってくるのを

お迎えするという大切な意味があります。

地域や家によって微妙にしきたりは違うという場合もありますが、先祖の魂を迎えるという形は同じです。

普段はお墓が遠くてなかなかお墓参りをすることが出来ないという人も、

お盆休みくらいはきちんとお墓参りをしたいですね。

どうしても帰省できず、お墓参りをすることができない場合でも、その誠意を実家などに伝えるという事も大切です。

特に初盆・新盆は法要などがある事が多いので、きちんとした服装をあらかじめ準備して臨むようにするようにしましょう。

 

お墓参りに正しい作法!というのは特にないそうですが、

まず、お墓参りの順番ですが縁が深い人からお参りをすると良いそうですよ。

 

お部屋で出来るお墓参りの仕方をご紹介します。

1 白い長方形の紙を用意しますそれを三角に折りますが、綺麗に三角に折るのではなくて、少しずらして折って下さい。

2 その折った白い紙の上にコップに入れたお水 盛り塩(適当)をおきます

3 そして窓際において、それをお墓だと思ってご先祖様にお参りをしてください。

終わったらお水お塩は捨ててもらって結構です。

 

「お盆」の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ