【お盆】 地蔵盆は関西だけなの?子供だけのお祭り!

地蔵盆は関西だけなの?子供だけのお祭り!

地蔵盆1

地蔵盆とはどういう行事なのでしょうか?

お地蔵様は、地蔵菩薩と道祖神が結びついたもので、道沿いや村や町の入口などで

よく見掛ける「お地蔵さん」のことです。

 

毎年、8月23日と24日の2日間で行われますが、少子高齢化の影響を受けて、

地域によっては1日に短縮しているところもあるんだそうです。

地蔵盆とは、お地蔵様を祀って感謝をする日と言われています。

 

地蔵盆は子供が主役で、お地蔵様にお化粧をしたり、お供え物を捧げながら、

参加した子供たちでお菓子を食べたり盆踊りを踊ったりします。

これは、地蔵が地域や子供を守るために祀られているものからだと言われています。

 

心温まる、つつましいお祭りごとですね。

ゆえに地蔵盆が盛んな関西地方に住む子供達にとっては、

夏休みの締め括りともいえるご近所のささやかなイベントとして定着しています。

 

地蔵盆の由来や歴史は?

お地蔵さんと呼び親しまれている

「地蔵菩薩」の縁日(8月24日)を中心にした3日間を指します。

そのうちの2日間に渡って行われる地蔵菩薩の祭りのことをいいます。

地蔵盆は、道祖神(どうそじん)信仰と結びついたお地蔵様や、

路傍や街角(辻)にたたずんでいるお地蔵様が対象です。

 

元々は、旧暦7月24日前後に行われていましたが、現在では、月遅れの行事として

8月23、24日の2日間に行う地域が多くなっています。

地域によって前後はしますが、2日間が平日の場合は、少しずらして土日に行うこともあるそうです。

 

地蔵盆の由来には、いくつかの説があり

本来の由来はこれ!という、決まった説が無いのですが、有力なのが、地蔵菩薩の物語です。

親に先立って亡くなった子供達が、三途の川の賽(さい)の河原で、

両親や兄弟たちを懐かしみ石の塔を築くと、鬼がやってきてそれを壊してしまいます。

それを哀れんだ地蔵菩薩が、子供たちを抱いて錫杖(しゃくじょう)の柄に取り付かせ、

自分が子供たちの親となって救うことを誓いました。

 

それ以来、町の辻に地蔵菩薩を建立し、こどもの幸福を祈るお祭りとして、

近畿地方を中心に広まったといわれています。
 

地蔵盆では何をするの?

地蔵盆2

数珠繰り(じゅずくり)、数珠回し、といって玉が大きくて長い数珠を子供達みんなで回す儀式をします。

その時に大人もその輪の中に入り、子どもたちと一緒に数珠を回します。

 

ただし、この儀式は、行なわないところもあります。

私は大阪市内で育ちましたが、実際には見たことがありませんでした。

大阪では地蔵盆には地車がでたり、神戸では子どもたちがお地蔵さんめぐりをして、

町内の人からお菓子を頂いたりします。(ハロウィンみたいですね)

 

私の住む地域では、各家庭の子どもの名前が入った提灯を地区の会館前に吊ってもらい、

23、24日の2日間、その提灯の下で盆踊りをするんです。

そして盆踊りの途中で、子供たちにお菓子が配られます。 (やっぱりハロウィンっぽい!)

 

地蔵盆のお供えについて教えて!

地蔵盆の際、お地蔵様にお供えするものも地域によって若干の違いがありますが、

主流となるのは、花やお米、お餅、お菓子などです。

ほおずきをお供えするところもあるようです。

これは、ほおずきが赤く色づくとお盆に先祖を迎える時の提灯に似ているから、と言われています。

うん確かにそう見えますよね。

 

こうして地蔵盆が終わると、夏休みも残り1週間ぐらいです。

子どもたちにとって夏休み最後のイベントが終わります。

その頃には、あんなにうるさかった蝉の声はいつのまにか聞こえなくなり、空には入道雲から秋の雲に変わりつつ、

夏の終わりの寂しさだけが残ります。

 

特に、近畿地方の人はこの習慣を全国的なものと思っている方も多いと思いますが、違うのですね。

また、住んでいる地域によっても昔ながらの習慣を受け継ぎ、いろいろ違っているようです。

子供がいない地域では、年配の方だけで、地蔵盆を開いていたところもあったそうです。

習慣も時代と共に変わりつつあるんですね。

 

まとめ

関西地方は今も受け継がれている地蔵盆ですが、関東地方で定着しなかった理由に、

「お稲荷さん信仰」があったからと言われています。

ゆえに、関西以外の方が関西地方へ嫁いだり、逆に関西地方の方が関西以外に

嫁いで初めて地蔵盆について知る機会も多いようです。

 

地蔵盆が終わると、夏休みの宿題のラストスパートを欠ける時期です。

子供のころは、ままごと遊びの様な地蔵盆が大好きでした。

 

今でもみかけるのが、年配の女性と、女の子たちがお地蔵様のまえで集っている姿。

市や街単位でない、本当にご近所の小さな小さなお祭りです。

絶やすことの無い様に受け継がれていってほしいと願います。

 

 

「お盆」の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ