【アウトドア】高校野球は人生ドラマ?甲子園の醍醐味!思い出す青春!

高校野球!真剣な姿に感動がほとばしる!

甲子園1

私の知人で、「僕の新年は8月の大阪から始まる」と言っている人がいます。

理由はただ一つ、高校野球が始まるからです。

あの夏の日の15日間、彼だけでなく彼以上に、高校球児はとにかく熱い!

 

私は熱狂的といえる程の高校野球ファンではないのですが、毎年夏の甲子園は楽しみにしています。

知人の彼に「甲子園の何がいいのか?」と聞いてみた。

彼曰く、魅力はもちろんたくさんあるとの事だったが、その中でも私が面白いと思ったものは、

プロ野球と違い、球場での観戦が一日中何試合も見ていられるという事です。

 

球場は知らない事ばかりでした。

 

プロ野球にはない、格安で試合観戦

当然、お金を払って観戦するならプロの試合の方がいい、と言われる方もいると思います。

でも、たったの2000円で一日4試合も観戦できるっていうのは、

高校野球ファンでなくとも野球観戦が好きな人にはたまらない話ですね!

しかも、ネット裏の座席なんて通常のプロの試合では絶対買えないんですから、

甲子園の醍醐味を味わえる要素の一つといえるのではないでしょうか。

 

そして球場は、球児、応援団の熱気に加え、暑さの温度が重なると50度になる事もあるそうです。

それはつらい!

…でもそれすらも、甲子園球場では興奮を味わえる一つだそうで。

 

球場での醍醐味の一つに、その暑さの中で食べる「かち割り氷」も外せないそうです。

熱く語る彼を見れば、一度は応援とかち割りを体験してみたいです!

甲子園4

 

高校野球の時代を感じさせるテーマソング

高校野球ファンの全ての人が球場に足を運べるわけではなく、そこには当然テレビで観戦する人もいますよね。

 

私も当然そのうちの一人です。

実際の中継を見る事が出来た時は、ピュアな若者(こう表現するところに、自分自身年を取ってしまったと感じています)

たちの真剣な試合に、思わず手が止まって見入ってしまう事も多々あります。

 

代表校のレベルや詳しいルールなんかは分からない事もありますが、「青春」という言葉が本当にピッタリで、

輝く汗を見ては「どっちも勝たせる事ができればいいのに」と心底思います。

しかも毎回(笑)。

 

ずっとテレビにかじりついて見たいわけではないのですが、結果を見損ねた時は何となく落ち着かず、

その日最後のニュースの「熱闘甲子園」をやはり見てしまいますね。

 

実はこの「熱闘甲子園」、内容や結果はもちろん楽しみなのですが、毎年変わるテーマソングも楽しみの一つなのです。

 

高校球児の笑顔や真剣な表情をバックに流れる曲は、私の思い出ともリンクする事も少なくないですね。

 

ふとした時にその曲がテーマソングになっていた曲を聴くと、自分の思い出もフラッシュバックしますが

その時代の球児も何となく思い出しますね。

 

2003~2014年までの歴代高校野球応援ソングの動画です。

どれも名勝負ばかりで、ダイジェストにも関わらず涙が出てしまいます。

 

 

甲子園まとめ

野球が大好き、とまではいかない私なんですが、なぜか高校野球は好きなんです。

 

過ぎ去ってしまった青春時代を思い出すからなのでしょうか?

彼らの真剣な姿を見るたび、大人になってしまった自分を寂しく感じると共に、けれど懐かしく、

また心底感動を味わわせてくれる、高校野球には素晴らしいドラマがあると思います。

 

時代のテーマソングもまた、思い出を飾ってくれます。

 

高校野球の感動で、大げさに聞こえますが、私は人生の活力をもらいます!

 

 

「決勝戦の動画ベスト10」です。

ぜひ、あの感動をもう一度ご一緒しませんか?

 

 

「アウトドア」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ