【お盆】教えて、初盆の挨拶やマナー。 服装は喪服じゃないとダメ?

初盆の服装は喪服?

はつぼn1

その年に亡くなった人が初めて迎えるお盆のことを新盆(初盆)といい、特に丁寧に供養をします。

親戚や故人と親しかった方を招き、お寺さんに来ていただき、お経を上げて供養をしてもらいます

お経が終わったら茶菓子などでもてなして、お布施を渡します。

また、盆ちょうちんですが、最近では使う事が少なくなってきたので1万円から2万円の

現金を贈ることが多くなっています。

住宅事情が理由らしいですが、風情が少なくなってきていて少し寂しい感じがしますね。

1年に一度、亡くなった人の霊が家に戻ってくることをお盆(盂蘭盆会・うらぼんえ)と

言われています。

宗派によって色々ですが、各家では、精霊棚を作って迎え火を焚き、お迎えするのが慣わしです

 

初盆を迎える側として

服装は?

お招きする立場として、喪服を着るのが常識ですが、暑い時期なので、

地味な服装でもよいとされています。

 

初盆の準備は?

基本的には普段迎えるお盆と大きく変わりませんが、亡くなった人が初めて家に帰って来るので、

丁寧に行いたいです。

初盆にかぎっては、親戚や知人・友人たちを招いて法要を行います。

準備の仕方は、宗派によって違うので、菩提寺の僧侶の方に聞いたほうが無難でしょう。

ただ、お盆の時期、僧侶の方は忙しいので、連絡は早めにしましょう。

 

初盆のお布施は?

表書きは[御布施」。

初盆の場合は、5千円から1万円が主流です。

(普段のお盆の場合は3千円から1万円ぐらい)

お布施の感覚は、人それぞれだと思いますので、身内や、

知人に相談するのもよいのではないでしょうか。

 

提灯は毎年飾る?

初盆には、白い無地の提灯を使います。

ただしこれは初盆の時だけしか使わないので、最近では絵柄のついた提灯を始めから

用意する場合が多くなっています。

これだと毎年お盆にお飾りできますものね。

 

四十九日の忌明けより前にお盆を迎える場合は?

それぞれの地域の習慣もありますが、一般的には、四十九日の忌明けより前に

お盆を迎えた場合はその翌年が初盆になるそうです。

 

新盆で提灯や「御仏前」として現金や供物を頂いた時のお返しは?

お礼の挨拶、礼状だけでお返しは不要ですが、「粗供養」や「志」として品物を送る事も

少なくありません。

大切なのは気持ちですから。

品物でお返しをする場合は、香典返しのように日常生活での消耗品が一般的です。

たとえば、タオル類やシーツ、お茶、せっけん、砂糖などが多いですね。

 

神式の新盆もあるのですか?

一般的には神式も仏式も同じです。

神式では「新盆の御霊祭」といい、1年目を「一年祭」3年後を「三年祭」をおこないます。

神式も仏式も供養する気持ちは同じですから。

 

新盆に招かれた側として

服装は?

葬儀の時と同じ喪服を着たほうが無難なのですが、暑い時期なので、

地味な服装でもよいと思います。

 

初盆には提灯を贈る?

亡くなった方の近い親族は、初盆には盆提灯を送るしきたりがあります。

しかし最近は住宅事情などから飾らないところも増えていますので、先方に聞いてから贈りましょう。

不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包むこともありますが、

初盆は、四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆ですので、

一般的には「御霊前」から「御仏前」「御佛前」になります。

はつぼん2

 

精霊棚について

お盆の供養の時の飾り付けを精霊棚(しょうりょうだな)と言います。


精霊棚は、いつ頃飾るの?

8月12日ころに飾ります。

位牌を仏壇から取り出し、仏壇の扉は閉めて、その前に飾り付けをします。

 

盆提灯について

お盆に、ご先祖様の霊が迷わず帰って来られるように、目印として飾ると言われています。

盆提灯には、初盆・新盆用の「白提灯」と、それ以降に用いる「絵柄の入った提灯」の

二種類があります。

初盆・新盆用の白提灯は1つだけあれば良いでしょう。玄関先(あるいは、縁側の軒先など)

に飾ります。

絵柄の入った提灯は、精霊棚の両側や、仏壇の両側などに飾ります。

お盆が終わった白提灯は、送り火で燃やしたり、菩提寺に供養をお願いしたりします。

これは事前に、お寺に確認すると良いですよ。

絵柄の入った提灯の方は毎年使いますので、箱に入れて保管します。

(防虫剤をお忘れなく。)

 

まとめ

目安として、1ケ月以上前までにお寺の手配をしておきましょう。

お盆期間はお寺も大変忙しい時期です。

僧侶のご都合を聞き、予約を入れます。

 

社会人として、正しいマナーを身に付けて、いつでも対応できるように心がけたいものですね。

もうすぐ、お盆を迎えます。

年に一度、ご先祖様の霊が懐かしい我が家へと帰って来ます。

普段、お墓参りになかなか行けない方も日頃の感謝の気持ちをご先祖様に

伝えられるいい機会です。

 

それと、普段なかなか会えない親戚の集まりも、楽しみでもあります。

家族でゆっくりとご先祖様も一緒にくつろいではいかがでしょう。

 

「お盆」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ