【お月見】十五夜の月見団子は何段ツムツム?まるで和風ハロウィン?

十五夜の月見団子はいくつ積み上げるの?お供えなのに食べてもいいのかな。

団子1

十五夜に月見団子!その由来や意味しっていますか?

中秋の名月(十五夜)には、月見団子。定番ですよね。

この日には、お団子を作って、ススキを供えて、月にお供えをしてから、美味しくお団子を食べる!

そんな日なんですが、どうして月にお供えをするのでしょう?

いつからお団子を供えるようになったんでしょうか?

月見団子の由来やその意味は?

まず、気になるのが月見団子の数です。

一体いくつお供えしたらいいのでしょう?

付いになってるかの様なススキの役目は?

すごく気になるので、月見団子に関することを調べてみました。

 

なぜ十五夜に、月見団子やススキをお供えするの?

お月見の日に団子を供える習慣は、江戸時代からと言われています。

月見と月見団子の由来は、平安時代に遡り中国から伝わった月見の祭事に行き着きます。

当時は月は神様そのものだという考えがあり、月に祈りをささげるのは一般的だったんですね。

それが中国の風習と合わさり、収穫した里芋などをささげて感謝する風習へと変わりました。

お月見の時に、豊作祈願という事で収穫物である米の団子を用意したのが月見団子の

由来だといわれています。

つまり、お月見にお供えものをするのは、月が信仰の対象でもあったからです。

そして、この時期の収穫に感謝し、収穫物をお月様にお供えするようになったということですね。

 

十五夜の時に供える月見団子は、穀物の収穫に感謝を表すため、月のように真ん丸団子を

作ってお供えしたのが、月見団子の始まりです。

月見団子の形は、月にみたてて丸にしていることが多いのですが、地域によっては

違う物もある様です。

また、ススキを飾るのは、ただ単に稲穂(お米)に似ているからで、本物の稲穂を供えることも

あるようです。

また、古くからススキには魔除けの力があると信じられていました。

お月見に供えたススキを軒先に吊るすと一年間病気をしないという言い伝えも残っています。

edc279e74c5a8b0e4bf63ae86c55d5ad_s

関東では丸型

丸はおなじみの積み上げるタイプのものです。昔話にもよく出てきますよね

関東の月見団子は1口サイズの丸い談合ピラミッド型に積み上げてお供えします

白くて丸い月見団子は月が満ちる姿(満月)を模したもので収穫への祈りや感謝だけでなく

ものごとの結実や健康、幸福をも表しています。

この団子は白玉粉や団子粉、上新粉を蒸して作り丸い形にします。

味付けは砂糖のみとなっておりあんこが入っていないものが多いようです。

でも中には黄身あん入っているものもあるそうです。

お月様と同じ様に丸い月見団子をお供えし、そのお団子を食べることで、

健康と幸せを得ることができると考えられています。

 

関西では芋型

それに比べ関西の月見団子は少し変わっています細長くしたお団子は里芋をイメージしたもので、

この芋型は、こしあんを巻いたものです。

十五夜は芋名月とも呼ばれて収穫した里芋をお供えします十五夜にお供えする

里芋きぬかつぎと呼びます

 

では飾り方はどうでしょう?

関東のお月見団子は山のようなピラミッド型に飾ります。

昔話によく出てくるタイプで、皆さんも知ってますよね。

白い紙を敷いてその上にお団子お供えします。

関西は積まずに並べます。

餡が巻いてあるので、並べたほうがお月様も食べやすいのかな?

 

団子は米から

お供えする物が収穫物から団子へと変わったのは、江戸時代より少し前ごろと考えられています。

江戸時代になった時には、里芋や栗とともに、団子とススキをささげる習慣は定着していました。

この団子は穀物が取れたことを感謝し、お月様に見立てるために作られています。

そのため団子の材料は、お米から作られた粉(上新粉)がふさわしいとされています。

 

お供えする月見団子の数は?

「十五夜」だから…

お月見をする日は、主に旧暦の8月15日の夜。

この日は別名「八月十五夜」といい、いわゆる「中秋の名月」はこの日を指します。

十五夜とは満月の別名。

この「十五夜」にちなんで、月見団子は15個並べるのが主流となっているのです。

中秋の名月に満月を愛でることが多いですが、満月になる前の月を愛でることもあります。

旧暦9月13日に月見をする風習がある地域もあり、こちらは「九月十三夜」といいます。

このときは、「十三夜」にちなんで、月見団子は13個並べるのが正しい方法だと言われています。

 

秋はお月見の時期ですが、月見の日付は毎年変動します。

今年はいつお月見をすれば良いのでしょう?

伝統的な「十五夜」(中秋の名月)、「十三夜」、「十日夜」の日付とともに、

由来や楽しみ方を紹介します。

 

十五夜(中秋の名月)

お月見といえば、一般的には旧暦8月15日の「十五夜」をさします。

2016年の十五夜は、9月15日(木)です。

月を愛でる習慣は外国にも存在する!

 

中国と月

日本の十五夜と同じ時期に、「仲秋節」という行事を行います。

この行事では、伝統菓子である「月餅」を食べたり、遠く離れた家族も集まって食事を

したりするようです。

 

イスラム圏と月

イスラム圏の多くの国では、普段から月を尊び、特別なものと思っています。

断食で知られるラマダンも、新月から次の新月までで、毎年、期間が変わります。

国旗にも月が書かれていることが多く、これは宗教の違いから来ていると思われます。

 

お団子を食べる時は月が見える時

お供えのためのお団子ですが、美味しそうで、可愛くて、食べちゃいたい!

でも、どのタイミングで?

それは、特に決まりはなく、月を見ながら、綺麗に見える角度や場所で、

月見団子を食べて良いそうですよ。

 

まとめ

今回はお月見をテーマに、その由来をご紹介しました。

十五夜に月見団子、すすき、芋などの収穫物などを供えるのは、さまざまな物事の結実に

対して感謝と祈りを捧げるためで、日本文化の特徴といえます。

 

月見団子は神様や先祖様、感謝の気持ちを込めてお供えすることと、

子供に食べてもらうために供えられています。

子供は月の使者と考えられていたため供え物を食べても良いと言われていました。

お月見の日の団子は子供が取りやすい場所に飾られ、その事を「お月見泥棒」と言い、

現在でも各家を周り月見団子をもらう風習が関東から南の地域で残っています。

良いお話。

和風のハロウィンみたいで素敵ですね。

 

また、月の模様を「月でうさぎが餅をついている」と捉えるは、慈悲の心の象徴であり、

月に寄せる思いの深さが感じられますね。

 

今年は、いつもより心静かにお月見をしてみてはいかがですか?

 

「お月見」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ