【季節の挨拶】暑中見舞いと残暑見舞いの出す時期っていつ?違うの?

季節の挨拶出す時期の微妙な違い

残暑1

季節の挨拶はいくつかありますが、

「暑中見舞い」「残暑見舞い」は普段なかなか会えない人やお世話になっている人に、

安否伺いや近況報告を送ると案外喜ばれるものです。

お中元のお礼に出してもいいかもしれませんよね。

 

暑中見舞いを送る時期としては、大体梅雨が明けたくらいから立秋前までがいいでしょう。

残暑見舞いは、立秋から8月いっぱいまでと言われています。

 

暑中見舞いについては、「夏の暑い時期の安否伺い」」ですから、夏らしくなってからが

いいのですが、地域によっては梅雨明けがまだという所もあるので、相手方の梅雨明けが

すんでいるかに気をつけて下さいね。

 

残暑見舞いは、9月になっても暑さは厳しいですが8月中に送るのが一般的ですね。

 

残暑見舞いは何を書けばいいの?

残暑2

暑中見舞いとの違いもいくつかありますが、出す時期が違うのでまずは挨拶の書き出しが

変わりますよね。

「暑中お見舞い申し上げます」から「残暑お見舞い申し上げます」になり、

文末の日付も「〇年 盛夏」から「○年 晩夏」(または立秋、葉月)となります。

 

年賀状とは違って、暑中見舞いや残暑見舞いは送る機会が少ないから何を書けば

いいのか悩みますよね。

 

・お世話になったお礼

・お中元のお礼

・結婚や出産、引っ越しや就職など環境が変わった報告

・会社や恩師にプライベートで

 

など、気持ちを伝えるといいと思います。

 

年賀状では、自分や相手が喪中の場合は送りませんが、暑中見舞いや残暑見舞いは

「季節のお見舞い」なので出してもいいと言われています。

「寒中見舞い」と同じ考えですね。

ただ、時期は四十九日を過ぎているか、文面やはがきの絵柄は配慮しているか、

には気をつけたいですね。

 

この時期に季節の挨拶をいただくと何となく嬉しいですが、頂いた返事を送るのに時期が

残暑になってしまったのであれば、暑中見舞いを受け取っても残暑見舞いで返すといいですね。

 

私の知り合いが、暑中見舞いと残暑見舞い、どちらも送ってきた事がありましたが(笑)片方で

いいので送る時期で選んで下さいね。

 

オリジナリティが目を引く

残暑3

郵便局で毎年「かもめ〜る」を勧められるのですが、私個人的にはあのハガキでは

心惹かれないんですよね。

文具なんかも置いてあるちょっとした店には、デザインがかわいいハガキがたくさん

売っていますから、あれもこれも欲しくなっちゃいませんか(笑)

スマホやPCブラウザのWEBアプリ、Windowsのワードにもテンプレートがありますし、

好きなイラストや写真を使って手作りするのも楽しいですよ!

やっぱり個性が出てると、その後も相手とまた話が弾むんですよ。

 

まとめ

季節の挨拶として、お礼や近況報告を暑中見舞いや残暑見舞いで送るのもいいですよね。

ちょっとした違いがありますからご注意を!

もらうと嬉しいものだから、相手や送る時期を考えて出し、暑い夏の季節に一服の清涼剤と

なればいいですよね。

 

私は送る時、その人にあった絵柄の切手や記念切手を使うようにしています。

こういう所に気を遣うのも、楽しんでいるのです。

 

「季節の挨拶」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ