【お月見】2016年の中秋の名月はいつ? お供えものは何がいいの?

十五夜(中秋の名月)とは

つき

秋はお月見の時期ですが、お月見の日付は毎年変動します。

今年はいつお月見をすれば良いのでしょう?

 

伝統的な「十五夜」「中秋の名月」、の由来や楽しみ方を紹介します。

 

十五夜(中秋の名月)

お月見といえば、一般的には旧暦8月15日の「十五夜」をさします。

 

2016年の十五夜は、9月15日(木)です。


十五夜は秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事で、「中秋の名月」と呼ばれています。

 

十五夜は満月を意味していて、新月と呼ばれる月が出ないときから満月になるまで

およそ15日ほどかかることから十五夜と言われています。

 

旧暦では7月~9月が秋にあたり、初秋は台風や長雨が続きますが、仲秋は秋晴れも多く空が

澄んで月が美しく見えます。

そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、平安貴族が月見の宴を催して風雅を楽しむようになりました。

やがて、月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていき、芋類の収穫祝いを

かねているため、「芋名月」という別名で呼ばれるようにもなりました。


十五夜に月見だんご、すすき、芋などの収穫物などを供えるのは、さまざまな物事の結実に

対して感謝と祈りを捧げるためで、日本文化の特徴といえます。

また、月の模様を「月でうさぎが餅をついている」と捉えるは、慈悲の心の象徴であり、

月に寄せる思いの深さが感じられます。

 

十五夜はいつも満月ではない!?

十五夜は満月を意味しているので、当然、毎回満月なのではないかと思われるでしょう。

実は十五夜はいつも満月ではありません! まじですか!

 

十五夜と満月は毎年1日ほどずれていることが多いのです。

 

2016年(平成28年)で言うと十五夜は9月15日ですが、満月は9月17日となっています。

新月から満月へとなる周期が14日〜16日とブレがあるからなんですって。

 

十五夜とうさぎの関係って?

十五夜にうさぎが出てくるのは、ある逸話があるからなんです。

月にうさぎがいてお餅をついているといいますが、どうしてでしょう?

それは月うさぎの伝説があるからです。

 

『昔、あるところにウサギとキツネとサルが暮らしていました。ある日、3びきはつかれはてた老人に出会います。

老人はおなかがすいて動けない、何か食べ物をめぐんでくれと言い、3びきは老人のために

食べ物を集めに出かけました。

 

やがて、サルは木に登っていろいろな果実をとってきて老人に食べさせました。

キツネはお墓に行ってたくさんのお供えものをとってきて老人に与えました。

しかしうさぎはいっしょうけんめいがんばっても、何も持ってくることができません。

そこで、なやんだウサギはかくごを決め、もう一度探しに行くので火を焚いて待っていて欲しいと

伝えて出かけていきました。

サルとキツネは火をたいて待っていましたが、手ぶらで帰ってきたウサギを見て、ウソつきだとなじります。

 

するとウサギは「私には食べ物をとる力がありません。ですから、どうぞ私を食べてください」といって

火の中にとびこみ、自分の身を老人にささげたのです。

実は、その老人は帝釈天(タイシャクテン)という神様で、3びきの行いを試そうとしたのです。

もとの姿に戻った帝釈天は、そんなウサギをあわれみ、月の中にウサギをよみがえらせて、

みんなの手本にしたそうです。』

250011

これは仏教説話からきているお話です。

さらにこのお話には続きがあって、

「ウサギをあわれんだ老人が、その焼けたかわをはいで月に映し、かわをはがれたウサギは生き返る」

という説もあります。

だから、月の黒い部分がうさぎなのでしょう。

また、うさぎが餅をついているのは「老人のために餅つきをしている」とか「うさぎが食べ物に困らないように」

という説がありますが、中秋の名月が豊穣祝いであることを考えると、たくさんのお米がとれたことに

感謝する意が込められているようです。

 

うーん、このお話はちょっと切なすぎます。

寂しいお月見になってしまいそうなので、美味しい食べ物のお話をしましょう。

 

十五夜には月見団子の他に何を食べるのが良いのでしょうか?

 

月見団子

サトイモ

収穫して得た果物や野菜

この3点を食べると良いと言われています。

月見団子は十五夜の時は15個食べると良いとされ、食べると健康と幸せを得ることが

出来ると言われています。

さらに、ぶどうなどのツルものをお供えすると

お月様との繋がりが強くなると言われています。

 

お月見には、収穫に感謝して

その時期に採れた野菜や果物をお供えします。

 

中秋の名月の月はなぜ綺麗に見えるの?

昔から「中秋の名月」と言われる程、綺麗に見える秋の月。

なぜなのでしょうか?

理由は、月の高さ・気候・湿気にあるようです。

月の高さは、太陽の高さと逆になります。

夏の太陽は高い位置にくるため、月は低い位置にきます。

そうすると、月の灯りが地上の明かりに負けてしまい

見えにくくなってしまうそうです。

 

また、空気中の水蒸気も多いため月がボンヤリと見えることが多いそうです。

冬の太陽は低い位置にくるため、月は高い位置にきます。

なので、地上の明かりに負けるという事はないですが、今度は月の位置が高すぎるため

月の鑑賞というのには向かないようです。

それに、夏は暑く、冬は寒いので、外に出て月の鑑賞をするというのは大変ですよね。

 

春と秋のちょうどいい気温が、月の鑑賞にちょうどいいそうです。

ですが、春も夏と同様に空気中の水蒸気が多いため月がボンヤリと見えることが多いそうです。

なので、空気が乾燥し、月の位置もちょうどよく、気温もほどよい「秋の月」は綺麗だと言われるのですね。

 

まとめ

突然ですが、「八月十五日」さんという名字の方がいるのを知っていますか?

「なかあき」さんとお読みするんだそうです。

幻想的な名月の様な素敵なお名前ですね。

今までお供え物はお団子だけだと思ってましたが、今年はお芋やぶどうもお供えしてみようと思います。

秋の月、気候も穏やかで過ごしやすく、食べ物も美味しい季節になって、心静かに、

いろいろな物に感謝しながらお月見をしてみませんか?
「お月見」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ