【子育て】ランドセル価格高騰?品質値段どっちか悩む!でも安く買いたい!

ランドセル争奪戦!人気のオーダーメイド型ほしいけどーー

ランドセル1

最近、ランドセルのCMとか百貨店で見かけるのが早くなった気がしませんか?

年々、ランドセルは早く買う傾向であるようですが、その訳は、夏休みの帰省の際に

おじいちゃん、おばあちゃんに買ってもらう傾向があるようです。

それに合わせて、CMは打ち出しており、百貨店でも目に付きやすい場所においてありますね。

それに合わせたかのように、幼稚園や保育園では、土屋鞄や池田屋のパンフレットをもらってきたりします。

 

選ぶ楽しみ

最近のランドセルは、脇に刺繍があったり、色もカラフルですね。

毎年、流行りのカラーがあるそうです。

子役が持っていた色などが、流行ったりすることもあるようです。

赤と黒がランドセルと言う既成概念も見事に打ち破れてます。

こんなに色々とあると、子供たちも親御さんもおじいちゃんやおばあちゃん達も選ぶ楽しみがありますね。

ランドセル2

秋になると、各展示会などが催されています。

百貨店の週末も来年、就学を迎えるお子さんと親御さんとおじいちゃん、おばあちゃんが

ご一緒している姿をよく見かけます。

夏の帰省におねだりをして、秋の週末などに購入してもらうというパターンが多いですね。

秋に購入しても、実際に手元に届くのは、年明けになってしまいます。

 

驚愕のプライス!

驚くのがその値段。10万円前後も少なくありません。

少子化でオーダーメイド型が多く、丁寧に作られているのが打ち出されています。

早めに販売促進に乗り出しているのも、一つ一つ丁寧に作られているという事を売りにしているので、

早く出しているという理由もあります。

しかし、原材料が値上がりしているという経済的な背景もあります。

 

人気があるのが、フィットちゃん、天使の羽あたりが人気ですね。

百貨店とスーパーとタイアップしています。

しかし、よくよく品質を観察してみると百貨店は皮を使用しているが、スーパーは合成を使用していたりします。

品質をとるか値段をとるかはそのご家庭次第ですね。

ニトリなども、値段を抑えて、性能が良さそうなランドセルもラインナップしていますね。

 

 

安く抑えたい場合は

f9fd784e6b35fdb94cd5397b7a66a339_s

いくら生産を抑えているとはいえ、多少の在庫はあります。

安く抑えたいのであれば、在庫を狙うのも手ですね。

 

少子化が進み、子供のものを大量生産する時代は終わりました。

子供服も数はあまり作っていなく、いざ探すとなるとサイズがなかったりするものです。

ランドセルなどなおさらでしょう。

 

まとめ

ランドセルは、海外でも人気があるようで、海外のモデルが使っていたりする姿が話題となっているようですね。

かなりユニークな使い方をされていて、SNSでアップされていて話題になっていたりしますね。

成田のお土産コーナーにも設置されている位です。

モデルだけでなく、海外の富裕層のお子さんが実際に購入されるケースもあるそうです。

ランドセルを取り巻く事情もだいぶ変わってきているようですね。

 

「子育て」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ