嵐山・嵯峨野周辺で紅葉狩り!トロッコ座席は予約で!旅行気分満載!

紅葉は京都で!

紅葉

激しい混雑の中では紅葉も十分に楽しめません。

可能であれば混雑時期を避けるなど、訪れるタイミングも工夫してみてください。

どうしてもこの日しか予約ができない、という時は諦めて混雑した京都を満喫しましょう。

しかし紅葉メインで観光に来たのであれば混雑回避はできますよ。

場所によって変わりますが、

入場時間などのない場所であれば早朝や夜間に紅葉を見に行くのもいいでしょう。

ライトアップもされているので綺麗ですよ。

 

紅葉の名所がある寺院仏閣などの場所では参拝時間が決められているので、

どうしてもその時間に集中してしまいます。

でも、京都にはいたるところで素晴らしい紅葉を見ることができます。

入場時間のない散策道や山など。観光客が多く集まる時間を外せばゆっくりと見れますよ。

 

嵐山、嵯峨野周辺では、そのほとんどが自然が豊かな場所でもあります。

川が流れ、山の付近ということで、寒さ対策も重要です。

でも、寒い時期の早朝などは人が少なくて、

ゆっくりと散策するには最適の時間帯だと言えるでしょう。

空気も澄んでいて、静かで落ち着きのある早い時間はおすすめです。

 

渡月橋

大堰川(おおいがわ)に架かる全長155mの渡月橋は、嵐山のシンボル的な存在です。

渡月橋の名は鎌倉時代に亀山上皇が満月の夜に舟遊びをされ、

月が橋の上を渡るように見えたことから「くまなき月の渡るに似る」と詠われたことに由来するといいます。

2001(平成13)年3月にリニューアルされた現在の橋は、

嵐山の景観に溶け込んで旅行者のお馴染みとなっています。

嵐山や渡月橋も紅葉と合わさり、さらに美しく、まさしく京都と言われる景色です。

 

075-752-7070

(京都市観光協会/京都観光に関する問合せ)

https://www.kyokanko.or.jp/

 

世界文化遺産の天龍寺

暦応2(1339)年、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立した天龍寺は、

京都五山の中でももっとも栄えたといわれます。

最盛期には150あまりの塔頭を数えましたが、幾度も大火に遭い、

現在の諸堂の大半は明治時代に再建されたものです。

壮大な曹源池庭園は夢窓疎石作の名庭。

2枚の巨石を立てた龍門の滝や日本最古の石橋など作庭当時の面影をよく留め、

国の史跡・特別名勝に指定、ユネスコ世界文化遺産にも認定されています。

 

075-881-1235 天龍寺

http://www.tenryuji.com/

 

「トロッコ列車」の旅

紅葉1

トロッコとは、もともと荷物輸送用の小型貨車として、

トラックや通常の列車が入れない場所にレールを敷いて走らせた箱型車両のことです。

ゴトゴトゆっくり走る、素朴な貨車なんです。

平均速度は時速約25km。ちょっと速い自転車くらいの速さです。

だからこそ楽しめる保津川沿いの自然や渓谷美。片道7.3kmおよそ25分の間、

秋の美しい紅葉風景をゆっくり楽しめます。

旅行記便も味わえ、自分で歩かなくても紅葉が楽しめるので非常におすすめ。

走る速度もゆっくりで、トロッコ列車を利用すれば、お年寄りもお子さんも一緒に紅葉が見られます。

窓ガラスを取り外したオープン型の車両「ザ・リッチ号」は、特に人気。

 

全席指定なので、紅葉シーズンは前売券を買っておいたほうが安心です。

075-861-7444 (嵯峨野観光鉄道株式会社テレフォンサービス)

http://www.sagano-kanko.co.jp/

 

 

保津川下り

JR嵯峨野線で嵯峨嵐山より少し奥に行った亀岡で下車。

駅の外に出て、左側の「保津川下り」という指示に沿って行くと10分ほどで桟橋に着きます。

ここから渡月橋の近くまで船で下ります。

運行は9時~15時30分まで。

 

所要時間は川の水位によって前後しますが約90分です。

定期乗合船(3月10日~11月30日)

料金     大人1人          4,100円  小人1人(4歳~小学生)   2,700円

 

0771-22-5846 (保津川遊船企業組合)

http://www.hozugawakudari.jp/

 

まとめ

京都の紅葉が楽しめるスポットは嵐山、嵯峨野周辺だけでもこんなにもたくさんあります。

家族やカップルでゆっくり散策しながら秋の紅葉を満喫してみて下さい。

1日でもゆっくり回りきれるコースです。

コースを決めてゆっくり景色を堪能したり、

トロッコ列車に乗って子供心に戻ってみるのも楽しいですよ。

 

「アウトドア」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ