ダイエット方法☆効果的にやせたい!食事の食べる順番と簡単運動習慣

自分のライフスタイルでダイエットチャレンジ!

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

ダイエットそれは、老若男女の永遠の課題ではないでしょうか?

中には痩せすぎのかたもいますが、

ほとんどの方がダイエットをしなくてはいけない必要性があるのでははないでしょうか?

 

ダイエットが継続せず、なかなか効果が現れない人の多くは、

自分の骨格と性格を知らずして自分にあっていないダイエットをしがちです。

また、単に何キロ痩せればいいというものでもありません。

自分の骨格と性格にあって、適切な体重を知っていれば、

自分に合ったダイエットが見出せれば、効果は現れるはずですよ。

 

痩せたい部位もそれぞれ。

上半身がムチムチな感じ、下半身が気になる、お腹がポッコリ、お尻が重い、

足が太い、体型の悩みは人それぞれ。

体型にコンプレックスのない人はほぼいないと言っていいでしょう。

芸能人やモデルでも自分の体型や顔にコンプレックスがあり、

それを強烈なモチベーションで乗り越えているのです。

私たちは、モデルでも芸能人でもありません。

健康で快適な生活を送り、自分に自信を持つことができ、おしゃれが楽しめばいいのです。

 

いざダイエットをすると決意。

あなたならどんな方法をとりますか?

今、糖質制限ダイエットが流行っているようです。

思えば、私達の食生活は糖質です。

ランチなどの外食、コンビニのお弁当系などほぼ糖質でしょう。

なかなか外食やコンビニなどで済ませるとなると、

栄養のバランスがなかなかうまくいかないものです。

 

きちんとした栄養素をとるとなるときちんとした自炊での食事をとらなくてはなりません。

しかし、現代人は忙しくそれどころではありません。

継続が難しいところです。

ですから、酵素ダイエットやサプリを取り入れる食事法が注目されているようですね。

 

食べ方

ダイエット1

食べ方の順番も注目したいところ。

空腹にまかせて、いきなり糖質のあるものを取れば、血糖値が上がり、

メタボの原因となってしまいます。

水を飲むなり、サラダなどの生野菜をとるなど酵素を意識するといいらしいです。

生の酵素を空腹時に接することにより、消化の働きを助けます。

 

リンガーハットなど麺の代わりに野菜だけであるとか、

ラーメン屋で麺の代わりに豆腐を出すお店などもあるようです。

ランチにダイエットメニューにするお店に注目が集まっているようです。

 

また、芸能人が1日1食にしている人が多いようです。

年齢を重ねるとどうしても代謝が落ちてしまいます。

若い時と同じような食生活を送っていては、体重が増加するのは当然ですね。

1日1食とまでは言わなくとも、野菜を中心とした生活であったり、

塩分や糖質は意識して制限していきたいものです。

 

「食べたい」、「口さみしい」欲求にかられるのは、誰にでもあること。

ストレス発散に食を求めた人はほとんどでしょう。

ダイエットは、脳をコントロールすることでも着目されています。

イライラのはけ口に食を求めたら、一呼吸して、落ち着かせて、水でも飲んで落ち着いて見ましょう。

「ストレスでイライラしているな」とじぶんを落ち着かせて、ほんの少し何かをつまむなどすれば、

多少落ち着きます。

アルコールもほどほどにして、おつまみは制限しておきたいところ。

 

運動

食事の次に大切なのがやはり運動。

代謝をあげるのも運動ですし、デトックス効果もあるので、思い切り汗をかけば、

体がすっきりして、質のいい睡眠がとれますし、精神的にも前向きになり、

仕事の効率化、成果が図れます。

 

巷では、すっかりランニングも定着しております。

ちょっとしたおしゃれな公園ですと、ヨガを行っていたりします。

運動も楽しみながら、継続していく人が増えております。

時間とお金に余裕があるのなら、ジムに通ってもいいでしょう。

コミュニケーションも生まれ、運動の継続に喝を入れてくれます。

 

いずれにせよ、ライフスタイルに合った運動を取り入れていく必要が、

現代社会に生きるために、健康に過ごすために必要となってきます。

また、運動は老後の介護予防になりますので、

ぜひ運動は日常生活の習慣として行っていきたいものですね。

 

男女間の違い

また、男女間でもダイエットは違ってきます。

男性は、女性よりも代謝があるのでその気になれば、仕事も忙しいので痩せやすいようです。

しかし、女性は生理もあり、出産をする生き物なので男性よりも痩せにくいようです。

日常的にも菓子やパンを好み、無意識のうちにつまんでいます。

 

男性は、女性よりかは、代謝もあり、痩せやすいのですから、仕事のサイクル、

性格、食事のスタイル、運動の継続性を分析してみて、

ご自身に合ったダイエットを見出していきたいものですね。

 

女性の場合は、生理のサイクルに合わせてダイエットを行うといいでしょう。

生理前のPMS症候群は特に注意。

普段よりも精神的にイライラしがちでもありますし、食に行きそうです。

また、出産前と出産後ではダイエット事情も違ってきます。

とりわけ出産後は、骨盤が開いており、骨盤ダイエットなるものもあります。

骨盤を意識して運動を行うといいでしょう。

また、育児や子育てによるストレスもあり、

代謝が落ちているのに子供のおやつを共にしてしまうという人は要注意です。

 

まとめ

ご自身の体型、骨格、年齢、背性格、

ライフスタイルなどを考慮してじぶんに合ったダイエットを見つけて、

生き生きとしたライフスタイルを送りたいですね。

 

 

「ダイエット」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ