【台風】日頃からの対策で備えておきましょう!今や他人ごとではない!

温暖化の影響?台風の頻度ってどんどん増えてない?

台風

地震と同様、各地に被害をもたらしているのが台風です。

その爪痕は大きく、復興まで時間がかかり、被災地の被害は予想以上に大きく、

普通の生活を取り戻すために時間がかかってしまっています。

 

さて、そもそもどうしてこうも頻繁に台風が起きているのでしょうか?

なんかしょっちゅう台風が来てる気がしませんか?

地球の温暖化により、ゲリラ豪雨やラニャーニャ現象が地球上で頻繁に起きています。

日頃から対策を講じておきましょう!

 

日頃から対策

地震だけでなく、台風も備えが必要なのは切実ですね。

まずは、ご自身が住まわれている地域の特性を理解しておくことが大切です。

地滑りなどもろ台風の影響を受けやすい住居環境でしたら、

日頃から対策を講じておかなくてはなりません。

場合によっては引っ越しを検討せざるおえない住まいもあるでしょう。

また、これから物件を探すのであれば、

台風の影響が出にくい住居環境をも考えた方が賢明ですね。

 

また、地震、台風に共通することで、水害の被害をもたらします。

各地域の下水状況もかなり老朽化しており、マンホールからは水が溢れだし、

家屋に床下浸水をもたらしてしまいます。

合わせて、住まわれている、勤務されている地域の地形が水が溜まりやすいか、

下水状況も知っておくといいでしょう。

いざ、水の被害に被られてる事をシュミレーションしておいて、

少しでも被害を最小限にとどめておきたいものです。

普段利用する道路や公共の交通機関の水害も想定できるのであれば、

常に考えておくといいですね。

 

天気予報、SNSや専用アプリ活用

天気予報を事前に知っておいて、

せめても軽量な折りたたみの傘は常に持参しておきたいものです。

また、自転車に乗る際にも、タオルを用意する、座席にカバーをつけておくなどして、

多少の雨に常に備えておきたいものです。

初夏から残暑にかけて、夕立に見舞われる事があります。

傘を持っていなく、ずぶ濡れになった経験は誰でもあるでしょう。

午前中に晴れていても、午後になると天気が急変しやすいのが夕立の特徴でもあります。

 

仕事や学校の通勤、通学において台風情報がある時には、

注意して交通状況を常にチェックしておきたいものですね。

SNSや専用アプリを導入するのも手です。

また、帰宅手段も何通り考えておくか、

在宅で済まされる業務なら在宅での業務を依頼しておきましょう。

また、取引先とのアポがある場合は、早めに別の日程で調整をしておきたいものです。

相手にとっても助かり事です。

よほどのことがない限り、アポは変更してくの無難ですね。

不要な外出はなるべく控えるべきですね。

 

また、普段から電車、車などを利用して距離がある所は、外出する際には、行く道すがら、

帰宅難民にならないよう確認しておきたいものです。

最近では、こうした天候を考慮して、学校も事前にプリントなどで連絡通達が行き、

やむおえない場合は、休みになるケースも多いようです。

 

防災グッズ

台風2

最近では、レイングッズ、防災グッズも多彩にあります。

災害の多い季節の前に、余裕のある時に準備をしておきたいものです。

レイングッズなども、ライフスタイルに合わせて、多彩にあります。

例えば、オフィス用のパンプスも雨用もありますし、レインブーツもブーツをはく感覚で、

雨の日のお洒落を楽しんでいるようです。

台風の時には、こうした足元を準備しておくだけでも違います。

 

また、災害グッズも確かに多彩な物もあるのですが、

まずは普段使い慣れたものを準備しておくことからはじめたいものです。

例えば、単三電池などは基本ですね。

合わせて、懐中電灯なども壊れていないか、トイレットペーパーなどは、

いざという時のとために普段から余裕を持って買って準備をしておきたいものですね。

赤ちゃんのいるうちは、オムツ、生理用品などもふだんから余裕を持って準備しておきたいものですね。

 

食品も火を使わずにすぐに食べられるもの、長期に保存がきくものを常に備えておきましょう。

お菓子などもいつも多く、準備していると安心です。

ガスコンロなども準備しておくといいですね。そして、なんといっても水です。

1日に3Lは家族が必要とされる量です。

ウォーターサーバーもオススメです。

ミネラルウォーターなども箱買いで常に備えておくと安心ですね。

 

しかし、それらの災害用品を準備してどこに置く収納の問題が出てきます。

水浸しになり、使用できなければ元も子もありません。

すぐに使用できる場所、持ち出せる場所に保存をしておきましょう。

 

保険も見直し

火災保険、地震保険も見直しておくといいでしょう。

共済など無理のない程度の掛け金で済むものも、

いざとなれば支給されると違いは大きいものです。

保険も見直しておきましょう。

 

まとめ

地域での避難体制も熟知しておいきましょう。

いざとなれば、どこに避難するかなども日頃から確認しておきましょう。

子供達の学校の避難訓練の状況も熟知しておく必要があります。

 

いざとなれば、近隣の人との協力体制が必要となってきます。

日頃から近隣の人とのコミュニケーションを取っておいて、

助け合いの体制が取れるようにしたいものですね。

 

忘れ他ときにやってくる災害、日頃から備えておいておきたいものですね。

 

 

「台風」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ