七五三には「千歳飴」!鶴と亀の袋の絵柄、飴の食べ方,意味や由来は?

千歳飴の袋のイラスト意味は?

千歳飴

七五三といったら、千歳飴というくらいに、

お参りに行けば神社でもらえるというイメージが定着していますよね。

子ども達が千歳飴の袋を手に持った着物姿は、年齢によっては引きずっていたり、

本当に可愛らしいものですね。

 

この千歳飴ですが、子供を喜ばせることが目的というわけではなかったようです。

七五三のお参りのお土産の縁起ものとして使われたもので、お祝いのお返しにも送られています。

子供の成長を祝い、長寿を願ってみんなで食べるものなのです

でも、千歳飴は、いつから七五三に用いられるようになったのでしょうか。

 

千歳飴の由来には諸説あるようです。

千歳飴の由来には2つの説があります。

1つは、江戸時代の元禄の頃、浅草の飴売りの男が、紅白の棒状の飴を、

「千年飴」「寿命糖」と言う名前で売り歩いたのが始まりだと言われています。

もう1つは、大阪の商人が江戸に出て、

「長い長い千歳飴を食べると千年もの長寿になる」

というキャッチコピーで千歳飴を売り始めたという説です。

 

江戸時代に、紅白に染め抜いたた棒状の飴を浅草寺では、

「千年」のネーミングで売り出し評判となったそうです。

七五三祝いの飴の袋に「千歳飴」と書かれているのは、

この「千年飴」に由来すると云われています。

「千年・千歳」は、長寿やおめでたさを連想させますし、現代と違って甘い物が、

まだまだ貴重品であった江戸時代では、子供たちにも、

大人にも飴は何よりも嬉しい贅沢で特別な意味合いの贈りものだったそうです。

 

千歳飴の意味は?

千歳飴は、「親が子供に長寿の願い」をかけています。

ですから、粘り強く細く長い形状で、縁起の良い紅白の飴になっているそうです。

千歳飴は江戸時代子供たちの生存率があまり高くなかったことから、

子供たちの成長を願って細く長く、そしておめでたい紅白の棒状にしてあるのです。

実は、千歳飴は、直径15mm前後で、長さ1m以内と決められているんですよ。

 

千歳飴の袋の絵柄の意味は?

縁起物ですので、袋にも縁起がいいデザインが施されていますね。

 

鶴亀は、「千年亀は万年」という言葉通り、長生きを表しています。

松竹梅は、「冬でも緑を保つ松や竹、冬を耐えて真っ先に花を咲かせる梅」という意味があり、

健康や力強さを表しています。

 

寿は、「おめでたい」の事ですよね。

なので、おめでたいとされる「鶴や亀」「松竹梅」などの絵柄の袋に入れて、

長寿と健康を願う縁起物となったそうです。

 

こんなに、さまざまな思いが込められている千歳飴の心温まるストーリーは、親から子供へ、

食べる時に伝えて行ってほしいと思います。

私は、袋の絵柄も色も綺麗で、大事にとっておいた記憶があります。

神社でもらってきたので、余計に大切にしていました。

お守りのような解釈をしていたかもしれません。

 

飴は折って食べてもいいの?

千歳あめ

 

千歳飴は縁起物なので、折って食べるのは縁起が悪いと言う方も説もありますが、

本来千歳飴は飴屋さんが考案したものなので、

縁起物と考えずに食べたい長さにして食べて大丈夫だと思います。

子供の成長を祈って食べるための品です。

家族みんなで食べて分けた方が福が増えて、その方が縁起が良いと思います。

 

縁起を分かち分け合うという意味も含めて、折っても問題はありません。

歳の数だけ袋にいれて、親戚やご近所に配る習慣が残る地域もあります。

お福分けの意味も込めて千歳飴などの縁起物を他の人に分けて、

子供の成長を一緒にお祝いしてもらうのも良い事ですよね。

 

千歳飴を折って食べる方法ですが、飴は硬いので直接包丁で切るのは難しいと思います。

私が教わった方法ですが、袋に入れたまま包丁の背の部分で叩くやり方です。

思い通りの長さにカットするのは難しいのですが、大体2cmから4cmの長さに切る事はできますよ。

強く叩き過ぎると、飴が細かく砕けてしまうので、そこそこに。

でも、細かく砕けた飴も、しゃりしゃりして美味しいんですよね。

 

それでも余ってしまったら、ビーフシチューなどの煮物に入れるとコクが出て美味しいですよ。

水飴ですからね。

 

まとめ

七五三を控えた時期の多くの神社では、

この千歳飴の袋詰め作業が行われてニュースや新聞などで報道されています。

この袋詰めでは千歳飴の他、祝い箸や学業成就の鉛筆、

お守りなどを入れているところもあります。

 

近年は、11月の混雑を避けて10月にお参りする人が増えていることから、

この準備も早めになる傾向があります。

レンタル衣装が多くなったため衣装を汚さないよう、長い千歳飴だけでなく、

短い千歳飴も販売されています。

 

千歳飴を入れる袋も、鶴亀だけでなく、キャラクターなどが描かれるようになりました。

また、地域によっては、七五三のお祝い返しとして千歳飴や赤飯、

菓子折りを渡すところもあります。

 

お祝い返し用に、のし袋入りの千歳飴も販売されています。

時代が変われば、風習も少しづつ変化するんですね。

でも、親の願いはいつの時代も変わらず同じですよね。

 

「子育て」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ