七五三はいつやるの?男の子,女の子,三歳五歳七歳それぞれどっち

子供の成長をお祝いする七五三とは

七五三

七五三とは、その名の通り、7歳、5歳、3歳の時に子供の成長をお祝いするものです。

子供の秋の代表的な行事ですね。

 

そもそも、七五三って、どういう意味があるのでしょうか?

単なる語呂がいいから、では無さそうです。

ちょっと調べてみると、次のような意味があることが分かりました。

 

お祝いする年齢が男の子と女の子では違うんですね

●3歳(男の子、女の子)
髪を伸ばし始める髪置(かみおき)

●5歳(男の子のみ)
男の衣服である袴を着る袴着(はかまぎ)

●7歳(女の子のみ)
女の子の着物帯の装い始め 帯解(おびとき)

 

もともとは宮中や公家の行事でしたが一般的に広く行われるようになりました。

乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって

初めて社会の一員として認められたそうです。

 

昔は3歳で言葉を覚え、5歳では知恵がついてきて、

7歳では歯が生え変わるなど子供の成長の節目として、更には幼い時に病気になりやすく、

また、様々な危険があり、命を落とす子供が多かったので、

子供の健康と健やかな成長を祈願するようになったのが七五三だそうです。

 

お祝いの仕方って?

子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつなので、

お祝いする気持ちが最優先です。

一般的には、家族で写真撮影をして、神社で参拝、

そして家族で食事に行くというスタイルが多いのですが、細かい事は、

それぞれのご家庭の考え方でいいのではないでしょうか。

 

おおきな神社までわざわざ出かけなくても、近くの神社でいいのです。

家族そろってお食事会などして、子どもの成長をお祝いしてあげましょう。

神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらうのが一般的ですが、

別にお祓いをしてもらわなくてもOKですよ。

 

我が子の記念写真にこだわっている親御さんが増えてきましたが、中には記念撮影だけして、

肝心のお参りをされないという方も聞いたことがあります。

七五三の主役はもちろん子どもたち。

どんなに豪華なお祝いでも親の満足だけで終わらないように。

生涯一度の大切な行事なので、写真だけにこだわらないで、

心に残る記念日になるように思い出を作ってあげる事が大切ですね。

 

本来、七五三は11月15日に行われる行事です。

七五三2

近くの神社や地元の氏神様にお参りに行き、子供が今後も健やかに育つことを祈願したり、

親や親戚を招いて子供の成長をみんなでお祝いしたりするんです。

ですが、現在では、必ずしも11月15日ではなく、その前後の大安などの日に行ったり、

週末や子供の体調に合わせてタイミングが合う時に行うのが一般的になっています。

 

また、11月は神社も七五三で大変混み合います。

混雑を避けて、時期を10月に早めたりする方も増えているようです。

大切なことは、子供の成長を祝い、祈願することですので、

子供の体調をまず第一に日取りを決められるといいかもしれませんね。

 

七五三をお祝いする年齢は数え年?満年齢?

日本では明治まで、数え年が使われていました。

おかあさんのおなかの中にいる期間を1年と考えて、数え年というものがあるんです。

数え年における年齢の数え方は、生れた日を1歳として、

初めて迎える正月(1月1日)をもって2歳とし、以後正月を迎えるごとに年齢を重ねるという方式です。

 

昔から伝わる儀式には現在の満年齢ではなく、数え年で行う場合が多いようですが、

現在では、満年齢で行う方が一般的になっています。

正確には、数え年、満年齢のいずれで祝ってもよいとされています。

満年齢を用いるひとつの理由に、子供の成育も関係します。

特に、3歳のお祝いの際に、数え年でのお祝いとなると、

生まれた月によっては満年齢で2歳になる前にお祝いすることもあり得ます。

 

1月から3月に生まれた早生まれのお子さんがいらっしゃる方は、

「今年なのかな?来年なのかな?」と迷われる方も多いようですが、

数え年、満年齢のいずれで祝ってもよいとされています。どちらを選んでも問題ありません。

 

特に3歳の七五三の場合には、早生まれの3月生まれの子の場合は、七五三の11月の時点で、

満年齢では1年8ヶ月で、数え年では2年8ヶ月でお祝いをすることになります。

そういうこともあって、子供の成長によっては、1年後にお祝いしたりする方も多くいらっしゃいます。

 

本来の七五三の主旨である、子供の成長を祝うどころか、

まだ小さい体の子供に無理をさせることにもなります。

地域や家庭での慣例もあるかもしれませんが、七五三の意味や主旨をよく理解して、

親として適切な年齢を選択すれば何の問題もありません。

 

七五三は、男女でお祝いする年齢が違います。

女の子は、3歳、7歳の時にお祝いします。

男の子は、3歳、5歳の時にお祝いします。

 

3歳の時のお祝いは、地域によって男の子はしないところもあります。

七五三は、子供の成長をお祝いするものです。

親だけでなく祖父母や親戚など多くの人が見守っているものでもありますので、

3歳のお祝いをするかどうかは、両親などとも相談して決めてもいいかもしれませんね。

七五三はいつやるの?早生まれは?

 

七五三は、あくまで子供が主役で、子供の成長を祈願するものですので、

子供に無理をさせては本末転倒です。

こどもの成長を鑑みながら、親や親族などで相談して決めることが一番でしょう。

 

まとめ

七五三のお祝いで、女の子は圧倒的に着物が多かったのですが、

アナ雪やシンデレラの影響でしょうか、ドレス姿の子供も増えましたね。

男の子も女の子も、洋装でも全く構わないのですが、本人たちの意見よりも、

おじいちゃんおばあちゃんの意見も取り入れなくてはならない事もありますよね。

 

このお祝いは、子供の成長を祈願するものです。

子供本人の良い思い出となるように、お祝いしましょう。

馬子にも衣裳、わが子は何着ていても可愛いんですよね。

 

「子育て」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ