七五三の着物は購入、レンタルどっちが安い?三歳五歳七歳の体験談

七五三の祝い着どうしましょう?あなたは購入派?それともレンタル派?

七五三1

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事です。

これから七五三を迎える方は、レンタルですますか、購入するかでお悩みかと思います。

子ども3人の七五三を経験してきたので、それぞれのメリット・デメリットを上げてみたいと思います。

なお、3歳は女の子、5歳は男の子、7歳は女の子で祝うのが基本なので、

この年齢で考えていきます。

 

購入とレンタル、それぞれのメリットとデメリットは?

《購入》

メリット

自分のものなので、子どもの成長に合わせて調整して、長く着ることが出来る。

やり方によっては、おとなになっても着られる。

着物や帯から小物、髪飾りにいたるまで、納得のいくものを選ぶことが出来る。

正月や祝い事などに気軽に着られる。

 

デメリット

高価。

保存の場所を取る。

着付け・ヘアメイク・写真撮影の費用が別途かかる。

 

《レンタル》

メリット

安価。

着付けだけでなく、ヘアメイク、写真撮影もセットになっているものも多い。

保存場所がいらない。

 

デメリット

予約が必要なので、子どもの急病等の時変更がしにくいことがある。

自分のものではないため、正月やお祝い事で着たい時は気軽に着ることが出来ない。

こだわりのある方には不向き。

 

実際どうだったか、振り返ってみました。

《息子》

七五三7

男の子は5歳だけなので、息子2人はレンタルですませました。

娘と違い、お出かけや改まったお席に行く時は洋装の場合が多く、

袴を買っても七五三以外に着ないだろうと予測出来たからです。

 

《娘》

七五三6

着物

3歳の晴れ着は、呉服屋さんの勧めで「本裁ち四つ身」で作りました。

本当は7歳からの仕立て方です。おとなの1反の着物を縫い込んで仕立ててあります。

しかし、じゅうぶん着ることが出来ました。

 

「本裁ち」とはおとな物と同じ裁ち方のことです。

着物の反物が、おとな用も子ども用も同じ幅なので出来ることです。

おとなと同じに裁っても、幅や丈を縫い込んでいますから、一見「四つ身」と変わりません。

 

「四つ身」というのは、7~8歳くらいまでの仕立て方です。

 

つまり7歳の祝い着を、おとなの「本裁ち」で作り、肩上げをほどいたり仕立て直しをしたりして、

十三参りや体格によってはおとなになるまで着る、というやり方です。

 

ただおとなの1反を縫い込んでいますので、3歳にはかなり重かったかもしれません。

今思えば3歳はレンタルですませても良かったかな、と思います。

でも本人は疲れたそぶりは見せず大はしゃぎをしていました。

 

3歳7歳で着た祝い着は、おとなになった今はお出かけ小紋として活躍しています。

思い出とともに、娘のお気に入りの1枚になっています。

 

★おとなになっても着たい場合大事なこと★

かなり専門的な知識が要求されるので、信頼出来る知識の豊富な呉服屋さんに、

「大きくなっても着せたい」と希望を伝えて相談するのが大切です。

 

①色と柄がおとなでも着られるものを選ぶ。

7歳の子どもも20歳代でも着られる着物となると、世間一般に出回っている七五三の祝い着よりも、

色柄より地味目になろうかと思います。

また長いこと縫い直して着るのですから、上質な流行廃りのないものを選びましょう。

 

②小紋を選ぶ

絵羽模様だと、仕立て直し、丈出しが出来ません。

 

③反物で買って仕立てます。

仕立て上がりの着物は、縫い直して大きくなって着ることを想定していないので、

まず出来ない可能性が高いです。

 

3歳は被布を着ますから、3歳では帯は買いませんでした。

帯は7歳の時に着物に合わせて買い、切らずに作り帯に加工してもらいました。

その後、帯は作り帯をほどき、裏地を新たに購入して袋帯にしました。

今でも大切に着ています。

 

まとめ

七五三8

最近はレンタルか購入かの選択のほかに、「ネットオークション」というのもあるようです。

オークションで購入して、着終わったらまたオークションに出す・・・

それも新しい選択肢の1つかな、と思います。

でも、購入すれば、縫い直して生まれ変わる着物の醍醐味を、親子で味わうことも可能です。

 

新規を購入するだけでなく、おばあさまやおかあさまのお着物を、

仕立て直すというやり方もあります。

「もう派手になったから」、とタンスに眠っているお着物があれば、

和裁士さんや呉服屋さんで相談してみてください。

素敵な祝い着に生まれ変わることでしょう。

 

「子育て」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ