お歳暮の時期とマナー!会社の上司,目上の方に失礼無いように!

絶対に知っておきたい!お歳暮マナー。

%e3%81%8a%e6%ad%b3%e6%9a%ae

年末のお歳暮シーズンの前には、百貨店やスーパーではビールやコーヒー、洗剤、油、

肉や魚などの生鮮品から特産品、とあらゆるものがにぎやかしく店頭に並びますよね。

この風景を見ると、景気という文字が頭に浮かびます。

 

お歳暮とは、新年を迎える前の年末にご先祖様や神様をお迎えする時の

お供え物を本家に届けていたものが、徐々にお世話になった人への

贈答品を届けるといった風習に変わっていったといわれています。

 

今の様な形になったのは、江戸時代の商人の決済方法が影響しているとも言われています。

当時の商売は、お盆と年末にまとめて決済を行っていたため、

特に年末の支払いの時には、「来もよろしくお願いします」

という意味を込めて贈り物を届けていました。

 

これが、日本ではお歳暮という習慣になったのと言われています。

お歳暮という言葉は、年末に挨拶廻りをすることを歳暮、

その時に手渡す贈答品をお歳暮と呼んでいたのですが、

現代では習慣そのものをお歳暮と呼ぶようになりました。

 

お歳暮という言葉は、年の暮れを表す季語でもあるのです。

お歳暮は毎年同じ相手に送る場合も多いですよね。

いつも同じ物を送ると気持ちが伝わらないような気がする一方で,

お歳暮として送れる品物にはレパートリーもワンパターンで、

なかなかこれと思うような物に巡り合えない事も多いと思います。

 

お歳暮は、日頃の感謝の気持ちを大切な人に伝える為の物なので、

あまり難しく考える必要はないのですが、仕事でのお付き合いの人には,

いろいろ考えてしまいますよね。

 

実は、お歳暮として送ってはいけない品物がある事をご存知ですか?

知らないで送ってしまうと大変な失礼にあたりますので、

そのような事にならないよう事前に調べましょう。

 

お歳暮を贈るタイミングは、12月のみ?

昔は、新年を迎える準備を12月13日から始める、すす払いという習慣があり、

お歳暮も12月13日から20日頃までに届くように送るのが一般的だったのですが、

現在は、すす払いの習慣が一般的ではなくなった事と、

時代の流れで12月の初旬頃から送り始めるのが主流になりました。

 

ですが、到着が25日以降になると、

新年への準備が本格的に忙しくなる時期なので注意しましょう。

ただし、生鮮食品を送る場合はなるべくお正月に近い日付の方が喜ばれるので、

贈る商品によって適切な時期で良いでしょう。

 

お歳暮で贈ってはいけない品物は何?

特に目上の方にお歳暮を送る時に気をつけなければならないのは、

靴下や下着など身に付けるものを送る事です。

これは相手に対して「踏みつける」や「みすぼらしい格好をしている」といった意味で

受け取られるため、感謝の気持ちを表す品としてはふさわしくありません。

はさみや刃物は相手との縁を切るという意味にも取れる事から送るべき品物ではないと

言えるでしょう。

 

現金や金券を送るのは「お金に困っている人」という意味でとても失礼に当たります。

うーん、本音はこれが一番うれしいと思うのですが。

そして以外と忘れがちなのが、

相手の嫌いな物や苦手な物を知らずに送ってしまうというものです。

例えば、お歳暮にはお酒やビールも代表的なお歳暮の品物としてよく見掛けますが、

中にはアルコールが苦手な方もいらっしゃいます。

 

事前に相手が好きな物や嫌いな物を知っている場合ならば問題ありませんが、

よくわからない時には嗜好品と思われるものは避けた方が良さそうですね。

若い人はそれほど気にしないかも知れませんが、

贈る相手が目上の方や会社の上司であれば「知らなかった」では済まされませんので、

是非覚えておきましょう。

 

お歳暮を贈ってはいけない方々はどういう人?

皆さんも経験はありませんか? 喪中の方にお歳暮を送ってもいいのかどうか。

実は、お歳暮はおめでたいものというイメージが強いですが、

日頃の感謝に対するお礼であるため、

例え相手が喪中であっても送る事には問題はありませんよ。

しっかりと感謝の気持ちをお伝えしましょう。

 

お歳暮の金額の相場は?

お歳暮の贈答品にかける金額は、3,000円~5,000円というのが主流です。

ですが、相手への感謝の気持ちを表す為の物なので、

中には10,000円以上の高額な物を贈る人もいますが、

あまりに高価だと相手に要らぬ気を遣わせてしまったり、

来年にも同等のものを送らなければいけなくなるので、

無理をせずに常識の範囲内で送る事が大切です。

 

一般的な相場の範囲で考えると、特にお世話になっている勤務先の上司や、

同居していない親などへは5,000円前後の品物を、取引先や友人知人へは

3,000円前後の品物を贈る事が多いようです。

 

また、お歳暮には「来年もよろしくお願いします」という意味も込めているので、

お中元よりも2割程度、金額を高めにして贈る人も多いようです。

 

何を贈ったら喜ばれるの?

%e3%81%8a%e6%ad%b3%e6%9a%ae%ef%bc%92

贈る品に食料品やお酒が多いのは、年越し用の供物として塩鮭、するめ、数の子、

塩ぶりなどの魚介類やお酒を届けていたことの名残といわれています。

おなじみの新巻鮭は、「年取り肴」といって鮭やぶりなどの出世魚を年越しに食べる風習があり、

塩引きされたものは長期保存も効くことからお歳暮としても好まれていましたが、

鮭が「裂け」に通じて縁起が悪いため、塩鮭をわらで巻いて贈るようになったんですよ。

 

お歳暮には新年を新しい物で迎えて頂くという気持ちから洗剤や油などがよく送られますが、

基本的には相手が喜びそうなものを考えるという事が一番重要でしょう。

例えば、相手がグルメな方でしたら、

美味しい物やあまり知られていない地元の食べ物などを送ったら絶対に喜んでくれますよね。

 

ヘルシー志向な相手なら、こだわりの食材などが気に入ってもらえるでしょう。

贈り物の基本は、自己満足ではなく相手に喜んで貰うという事なので、

内容をよく考えて送るようにしましょう。

 

まとめ

お歳暮は、お世話になった方へ日頃の感謝の気持ちと、

来年も引き続きよろしくお願いしますという挨拶を兼ねたものです。

相手の喜ぶ顔を想像しながらお歳暮を選んでみて下さい。

送られた側だけではなく、送ったあなたも幸せな気持ちになれる事も大事だと思います。

 

私は毎年、品を変えては贈っていましたが、ご本人に一番うれしかったものを直接聞いて、

それを繰り返し贈ることにしています。

毎年、楽しみに待っていて下さるので、安心ですしね。

 

「季節の挨拶」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ