冬休みの宿題を早く終わらせる方法!休みが短いのに多ので計画的に

冬休みの宿題を早く終わらせる方法

bf488ca66ba2b4be3b7b3b9c5c07c188_s

もうすぐクリスマス。それが過ぎたらお正月の今年1年も後わずかですね。

そして待ちに待った冬休みが始まろうとしていますが、

それに伴い冬休みの宿題も出てきますね。

冬は旅行をする家族も多く、宿題が追いつかないという子供も少なくないと思いますので、

今回はそんな子供達の宿題の手助けをできたらと思い、記事を書いていきます。

 

私も学生の頃冬休みが終わるギリギリから宿題を初めて、後悔した経験がありますので、

そんな人たちが少しでも減っていただければ、楽しい長期休みを過ごせるでしょう。

そんな冬休みの宿題は、夏休みよりは少ないですが、

行事や旅行があるので、なかなかする時間がありませんよね。

そこで、私がオススメする方法をいくつか紹介していきます。

 

スポンサーリンク

冬休みの宿題を早く終わらせるには

まずは、冬休みの予定をカレンダーに書く事です。

旅行や遊ぶ予定がある場合は、冬休みが始まる前前に書いて、

予定がない日にしてしまうという方法です。

すると、予定が初めから分かっているので、それまでに済ませようという気持ちや、

楽しみがあるから宿題が捗ります。

 

次に、宿題をしている最中は、音楽を聞きながらする方法です。

急いで終わらせたい時にはアップテンポな曲を聞きながら、

急がない場合はゆっくりめなテンポの曲を聞きながらするとスムーズに宿題が進みます。

 

そして1人でするのに飽きた場合は、友人と一緒にする方法です。

友達する場合は、自宅ではなく図書館やカフェなどですると、結構進みます。

自宅ですると、やはり何か他の事に目がいくので、自宅以外の方オススメです。

 

又宿題をする本人だけではなくて、両親の声かけもかなり重要です。

全然しない子供に対して「いつになったら宿題始めるの」や「早くしないとダメ」

などの言葉よりは、「順調に進んでるの?」や「後どのくらいで今日の分終わりそう?」

などの言葉をかけてあげて、子供達のやる気を出すようにする事も大事です。

 

そして子供達が行き詰っていたら、わかる範囲で教えてあげて親もたまに一緒にする事で、

強制的に勉強をするのではなく、理解しながら宿題をするという思考に変えていき少しでも

勉強が嫌いな感覚から遠ざけることも大事だと思います。

 

まとめ

私は、学生の頃宿題をやらされてた感満載でしていたので、

何をしても頭に入ってこなかったですが、これらのやり方を早く知っていれば、

もう少し偏差値や理解をしながら宿題していただろうなと感じました。

みなさん、冬休みは風邪や怪我に注意しながら楽しく思い出を作って

宿題も終わらせてくださいね。

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ