年越しの過ごし方!赤ちゃんとの帰省は両親も楽しみ!無理なく準備を

赤ちゃんとの帰省

%e3%81%82%e3%81%8b%e3%81%a1%e3%82%83%ef%bd%8e

年末年始に赤ちゃんがいるのは、大変な事ですね。

月齢がいつでもそれなりに大変です。

まして、双方の両親が赤ちゃんに会いたがっているのです。

無理してでも帰省しなくてはならないですね。

確かに準備は大変ですが、行ってしまえば、面倒も見てくれるので、

無理のない前持った準備で、赤ちゃんと両親と過ごしてみませんか?

 

生後4ヶ月位までの赤ちゃん

生まれてまもなく、首のすわっていない赤ちゃんを連れて行くのは、大変ですね。

まず、交通手段を選んで、それなりの準備をすることです。

車でしたら、休憩スポットをあらかじめ決めておいて、

授乳やオムツ替えを快適にすることです。

最近のサービスエリアは、かなり進歩していて、

赤ちゃんのも快適に過ごしやすくなってます。

上手に利用したいものですね。

 

5ヶ月から9ヶ月位の赤ちゃん

首も座って、かわいい盛りの頃の赤ちゃんですね。

両親も内心これくらいの月齢が一番あやしやすく、会えるのが、楽しみにしているものです。

ベビーカー、抱っこ紐、おもちゃ、オムツと荷物は多いですが、しっかり準備して、

ゆったりと帰省先で過ごしたいものですね。

帰省先では、お手伝いもそこそこで赤ちゃんの面倒を見てもらえるので、

絶好の休める時ですね。

 

9ヶ月から1歳の頃の赤ちゃん

だんだん、意思が出てくるし、そろそろお母さんの免疫が切れる頃なので、

熱を出したりする事も多くなる時期です。病気する度、免疫を付ける時期です。

年末年始は体調にも留意しなくてはいけない時期です。

また、すぐにものを口に入れる時期でもあり、歩き出すと目が離せない時期で、

親もストレスがたまる時期です。帰省先の両親も面倒を見るのが大変な時期ですね。

年齢のいった両親にあまり、負担をかけないようにしたいものです。

 

2歳以上

魔の2歳児と言われる、いやいや時期です。1歳の頃よりかは、

ある程度安心感も出てくるので、この際、両親に見てもらう絶好のチャンス。

授乳から解放され、ある程度食べ物もなんでも食べれるようなますので、

両親にまかせておいていいでしょう。

たまには、息抜きで赤ちゃんの面倒を見てもらって、

ショッピングなどの息抜きをしてみてもどうでしょうか?

 

赤ちゃんと快適に過ごすために

忙しい年末年始に赤ちゃんがいるととても大変ですよね。

しかし、無理せず、前持った準備をすれば、快適に過ごせます。

帰省先の両親に上手に甘えて、赤ちゃんの顔を見せてあげて、

いい年末年始を過ごしたいものです。

本来、赤ちゃんのいる新年は、より一層おめでたいものです。

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ