冬場の部屋乾燥を防ぐ即効で簡単な対策!加湿器の代わりはタオル!

冬場の部屋乾燥を防ぐ即効で簡単な対策!加湿器の代わりはタオル!の記事です。

ef97f35e5cb07bddbc32fcc8af524121_s

冬になると乾燥が気になりますよね。
肌も鼻の周りや口元が乾燥したり、ハンドクリームが手放せなくなったりします。
意識的に乾燥対策しないと、風邪やインフルエンザの原因にもなります。
冬場の健康管理には、乾燥対策が必要です。

 

スポンサーリンク

冬場の部屋乾燥を防ぐには加湿器があれば望ましい

できれば、加湿器があれば望ましく、室内での乾燥対策になります。
しかし、加湿器もスタンダードなものですと、それなりの値段もします。
電気代もそれなりにします。

比較的安価なペットボトルタイプや紙の使い捨ての物をトライしてみるなど、
加湿器を室内に基本的に取り入れる工夫を検討してみてる事をお勧めします。

 

即効で簡単な対策!洗濯物を室内に干す

洗濯物を室内に干すのは、手っ取り早い乾燥対策ですね。
外で干しても、冷たい外気で例え天気が良くても、湿った冷たい感じがします。
初めから、室内で洗濯物を干すというのも室内の乾燥対策の一つですね。

 

加湿器の代わりはタオル!濡れタオルを干す

これは、コスパ効果ありの洗濯物を干す対策の応用編ですね。
まさに、固く絞ったタオルをハンガーにかけて、室内に干しておけば、
手っ取り早く、乾燥対策になります。

 

浴室に水を貯めておく

災害対策で、常に浴槽の水を貯めておくというのを行っておりますね。
普段は湿気が気になり、浴槽のふたをしめてあることが多いようですが、
乾燥がきになる冬は浴室のふたを開けて、
浴室から湿気を送り出すというのもひとつの手のようです。

 

タオル防寒にする

室内で寒さを感じたら、湿気対策だけでなく、首にまいて生活する、
就寝するなどして防寒にも利用できます。

夏場でも、保冷剤をタオルの中に入れて、首に巻くと涼しいですよね。

 

注意事項・火の元

洗濯物の室内干し、濡れタオルの室内干しをするなら、
同時に火の元も注意すべきです。
寒いと、ストーブなり、何らかの暖房をするかと思われます。
電気ストーブ、石油ストーブなど火の元に十分注意しましょう。

 

こたつの中に洗濯物を入れない

注意事項でもうひとつ、こたつの中に洗濯物を入れないことです。
こたつの中に洗濯物を入れたことによる火災は、毎年報告されています。

こたつといえど、火の元に十分注意することです。

 

まとめ

いかがでしたか?
乾燥する冬場の季節、できるだけ乾燥を予防するには、洗濯ものを中に干した理、
浴室の湿気を利用したり、タオルを利用したりして、
工夫ひとつで乾燥対策になるものです。

また、暖房器具を使うので、室内での洗濯物やタオルの扱いには
十分注意をしたいものですね。
風邪、インフルエンザ対策を行いたいですね。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ