イースター2017年いつ?意味と由来・Eastarエッグの作り方は?

イースター2017年いつ?意味と由来・Eastarエッグの作り方は?

イースターはEastarと書き英語での呼び名です。
イエス・キリストの復活を記念する日ということで
日本では復活祭と呼ばれています。
かすかな記憶なのですが幼い頃に聖書を読んだ覚えがあります。
アダムとイヴが印象的です。

 

スポンサーリンク

イースターの意味と由来は?

十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが
3日後に甦った事に由来するそうです。
記念日というよりは復活祭と呼ばれています。
日本では当たり前のようにクリスマスを祝っていますが、
キリスト教ではイエス・キリストが生まれた日が重要視されているのです。
キリスト教徒の方はイースターの日は家族でご馳走を食べます。

その他に卵を使って遊びます。
卵を隠して宝探しのように探す「エッグハント」
生卵をスプーンに乗せて落とさないようにゴールを目指す「エッグレース」
卵を割らないようにして転がして遊ぶ「エッグロール」
全ての卵には綺麗な模様が描かれています。
イースターの時期が近くなると卵の置物が多く見られます。

当時は卵でしたが、現在はチョコレートやプラスチックなどで作られています。
イースターエッグといわれ、イースターにはうさぎも使われます。
イースターエッグを運ぶうさぎはイースターバニーと言います。
卵は生命の誕生を表し、殻を割って時間をかけて生まれてくる
様子がキリストの復活の象徴としているそうです。
うさぎは多産で豊穣のシンボルにされていました。

 

イースターはいつ?

2017年は4月16日の日曜日です。
イースターの日付は毎年かわります、それには決め方があるのです。

春分を調べます。
春分の後の満月の日を調べます。
満月後の最初の日曜日がイースターです。

カレンダーは毎年ずれていきますから、数え方で日にちもずれていきます。
海外ではイースター前後に連休を設定している所もあるそうです。
学校も長期休暇になるそうです。
様々なイベントも行われるようで、大いに賑わいそうですね。

 

イースターエッグの作り方

皆さんはイースターエッグを作ったことはありますか?
実は簡単に作れるんです。
イースターエッグを作るにあたり最低限卵と色をつけるものは必要になります。

材料

卵か卵形の発泡スチロール
アクリル絵の具
ポスターカラー

デコレーション用品(シール、テープ類)
クレヨン
お酢
着色料(食紅など)

本場のイースターエッグは本物の卵で作ります。
発泡スチロールは保存用向きです。

中身を抜く方法

生卵に穴が開けられるものが必要です
(画鋲、キリ、爪楊枝)
卵の上下に小さな穴を開けます。
ストローは卵の中身をとるために使います。
その後、殻は綺麗に洗い乾燥させます。
次にデコレーションです。
ベースを明るくするのがポイントです。
殻は割れやすいので優しく塗ります。

 

まとめ

この機会にイースターの意味を知っておく事も良いかもしれません。
イースターエッグの遊び是非試してみてください。
盛り上がること間違いありません。
卵に感謝の気持ちを忘れずにいてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ