保険の見直しが必要な時期とポイントはバランス?おすすめお得情報も

ポイントとバランスが分かれば保険って楽しい!!

保険1

保険って、多くの人が加入していて、中にはひとりで何件も入っている事も珍しくないものですよね。

 

学生時代や独身時代には親が加入してくれたり、結婚を機に新たに入りなおしたり…。

でも、よく分からずずっとそのまま…ってケースも割とあるんですよね。

ひどい人では加入している保険会社の名前すら覚えていなかったりもあるんですって。

 

そういう私も、会社の名前くらいしか把握していないうちの一人でした。

何年も、内容も分からない保険に入りっぱなしで、ただただ保険料が口座から落ちていくだけ。

しょっちゅう使うものでもないし、正直そこまで重要なのかな、

なんて思ってましたが入っているだけでとりあえずは安心しますよね。

 

そんな私が保険見直しのタイミングに出会えたのは、友人からの勧めでした。

保険見直しは意外と簡単で面白い!

見直しの絶対条件は、まずは3つのポイントを押さえる事。

 

「誰のために、いくらのお金を、いつまで確保するか」。

 

私が、保険って面白い!と思って見直した内容を、ほんの少しですがご紹介しますね。

 

 

まずは、誰のために

保険2

 

学生時代や独身なら親のために、結婚したら配偶者のために、子供が出来たら家族のために。

もちろん、保険も保障や貯蓄と目的が分かれているものもあるから、

自分のために貯蓄性のあるものに加入する方法もあります。

 

私は結婚して子供がいるから、保険見直しは家族のために考えました。

病気になっても亡くなっても大変だから、医療保障も死亡保障も必要。

 

ここで押さえておくのは、子供には教育資金も確保する必要があるって事。

保険と貯金のバランスを考える事が重要ですよね。

 

 

どのくらいの金額なら、安心!?

保険3

医療保険見直しは、入院1日目から出るもの、1日の入院でいくらお金がもらえるか、

がん保障のオプションは付けるか、仕事が出来なくなった時の収入の保障はどうするか、

当然保障を大きくすれば月々支払う掛け金は高くなる。

 

私の場合は健康優良児なんで(笑)、一般的な健康保険と高額医療費制度が使える事を考えて、

死亡保険の比重を大きくしました。

 

亡くなった時、最低限いくら残せば家族が困らないかを考えるのですが、

この金額があとの「いつまで」と大きく関わってきます。

 

配偶者と子供の年齢、人数によって残すべき必要な保障の金額は変わってきます。

保険金を生活費に充てるのか教育費に充てるのか、死亡保険見直しの必要額は、

この環境で個人に大きな差が出てくると思います。

 

 

期間はいつまで必要!?

保険4

 

病気はいつでもかかる可能性がありますから、ある程度の保障はずっと持ちたいものですよね。

 

死亡保険見直しは、子供が学生のうちは大きな保障額を、子供が独立したら老後の死亡保障額は下げる、

など家族構成や年齢によってバランスを考えながら見直しを行っていきたいですね。

 

ここだけの話、時給1万円???

なんと!保険見直しの相談するだけで1万円とかもらえちゃうんです!

 

その方法は

① まずはポイントサイト 【Gendama】に無料登録!

② 保険相談案件を選んで申し込み

③ 保険相談を受ける

④ ポイント交換

たったこれだけ!

 

見直すつもりなくても、相談するだけで、もうえちゃうんです!

自宅(近所の喫茶店とかでもOK)まで来てくれて、1時間程度保険相談しただけ、

無理な見直しの煽りも一切ありませんでした。

 

もちろん見直しにより保険料も下がれば一石二鳥ですね!

 

 

まとめ

保険見直しを考えるポイントは、

 

  • 誰に
  • いくらの金額を
  • 何歳まで残したいか

 

これを押さえる事で、期間を区切った掛け捨ての定期保険の選択もでき、毎月の保険料を節約する事も可能になります。

さらにポイントサイト経由で相談すれば、お小遣いもゲットできちゃいます!

 

一口に保険と言っても、まだまだ奥深いものですが、入り口はとっても簡単です!

しかも、我が家では経済的な負担も大きく減りました!

こちらの動画も参考にしながら、ぜひ大切な保険を家族の生活にお役立て下さい!

 

 

「お金」の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ