沖縄の結婚式ご祝儀相場と披露宴の余興かぎやで風ダンシングに驚き!

沖縄の披露宴は余興満載!初めて沖縄の結婚式に参加して驚いたこと

%e6%b2%96

先日、主人のいとこの結婚式があり、
沖縄に嫁いで5年目にして初めて結婚披露宴に参加してきました。
沖縄の結婚式はすごいよ、という話は常日頃から聞かされていたので、
どんなものなのか行く前からワクワク!!今回は、

実際に体験してきた沖縄の結婚式をご報告します。

 

スポンサーリンク

お祝儀の相場

お祝儀の相場は、なんとたったの一万円です。
親族になると3万円ほどですが、基本的に友人などは一万円だそうです。
内地では、友人でも3万円が当たり前ですからね。お祝儀の少なさに驚きでした。
ちなみに、お返しもシンプルで1000円ぐらいのものがほとんどだそうです。
今回のお返しは、キレイな赤の素敵な琉球グラスでした。

 

宴の始まりは、必ず「かぎやで風(ふう)」

かぎやで風とは、お祝いの席で踊るおどりのことだそうです。
名前だけは何度も聞いたことがあったのですが、
実際に生で見たのは今回が初めてでした。
しかも、踊る方だけでなく、バックには三線と琴の生演奏付きで迫力がありました。
基本的に、新郎新婦の親族の女性が踊ることが多いようです。

 

沖縄の披露宴では欠かせない余興

沖縄の披露宴には、余興が欠かせないのですが、
今まで一度も見たことがなくて今回みられることをとても楽しみにしていました!
新郎友人たちの笑いがありすぎるダンスや、迫力満点のエイサー披露、
空手演武など多種多様な余興でとても楽しめましたよ。子供たちも舞台に夢中でした。
余興参加者は、結婚式が近づくと何度も集まって余興練習するぐらい
力を入れているそうです。
友達を大切にする沖縄の県民性そのものですよね。

 

なかなか、終わらないっ!笑

二時間でお開きかと思っていたのですが、なかなか終わらない。
新郎新婦が退場し、最後にお礼をするまでの時間が長かったです。
というのも、招待客が多いので(先日の結婚式は300名越え)
新郎新婦と握手をするまで長蛇の列、列、列!!
結局、帰れたのは式が始まってから3時間半後でした。
昼間の結婚式だったのですが、式後に何も予定を入れてなくてホッとしました。

 

まとめ

・お祝儀の額が少ない
・お祝い事に欠かせない踊り「かぎやで風」
・余興で盛り上がる
・長い宴!笑

今までに話ではよく聞いていた沖縄の結婚式。今回初めて体験してみて、
結婚式というより余興満載のお祭り感覚だということを実感。
小さい子供でも参加しやすい結婚式で、
わいわいしていて楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ