宿題が終わらない時の言い訳。一番効果的で先生を納得させる方法とは

宿題が終わらない言い訳

18fefd66e684003e597da1252104af12_s

学生時代誰もが経験する宿題。

そんな宿題を後回しにしてしまい、提出日に間に合わなかったりあっという間にする時間が

過ぎていったりして提出日を迎える人も少なくないでしょう。

そんな人が先生によく使う良い訳をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

宿題が終わらない言い訳

まず、よく紙を食べられたとかなくしてしまったという良い訳がありますが、

あきらかにバレますよね。

食べられた相手は、身近なのが犬、

そして飼っている人もいるでしょうがヤギなどがいますね。

今考えると、ありえませんが。

あの頃は良い訳をするのに必死なので、何でもいえました。

 

次に、紙が汚れた系の良い訳です。

一番よく言うのが醤油ですね。

自分がこぼしたのではなく、家族や友人のせいにするパターン。

そして汚れるのではなく、漂白剤をこぼして逆に消えてしまったという人もいましたね。

普段身の回りにないでしょう。漂白剤なんて。

私が先生側で聞いたら笑うしかないですよ。

 

一番効果的で先生を納得させる方法

そんな良い訳より一番効果的で先生を納得させる方法

といえば正直に言うことですね。

言い訳を言うだけ自分の価値も下がるし、どんどん言い逃れできなくなってしまいます。

ですので、宿題を忘れました。

とか、していませんと言えば怒られてもいつまでにしてきますという

期限をつけることでチャンスをもらえますよね。

 

そして、宿題のなかでも残しておいたらやっかいになるものが、数学や英語系ですね。

これは分からないところがあると、自分ひとりでは解けないからです。

誰かに聞くか、友達と一緒にすれば互いに教えあってできるのですが、

宿題を忘れてしまって、自分ひとりでしかできなくなると、

頼る人が親などしかいなくなります。

 

最近の問題は親でもレベルが上がると解くのが難しくなるので、

分からない科目からした方が無難ですね。

あっ、宿題をしない方向で考えていましたね。だめだめ(笑)。

できることから早めにスタートして、分からないところは友人や知っている人に教えてもらう。

そして期限内に宿題を終わらせて余裕を持って学校に行くことが一番いいですよね。

そして、分からなかったら正直に先生に言って教えてもらえば、

先生も怒ること無く丁寧に教えてくれますよね。

 

まとめ

宿題は誰もがしなければならないことですので、

それをどうやって楽にするかはあなた次第です。

やりたくないからと言ってせずに学校で毎回起こられるのか。

 

それとも、前もって宿題をすることで余裕を持って学校に行き、

一日を楽しく過ごすかのどちらかを選ぶとしたら、楽しい方ですよね。

誰にだって分からないところはあるのですから、

得意なところは伸ばして不得意なところは分かるまで

頑張って勉強できるようになって欲しいです。

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ