赤ちゃんとのスーパーでの買い物大変,泣くと辛い。ストレスなくすには

赤ちゃん スーパー 買い物

%e8%b2%b7%e3%81%84%e7%89%a9

赤ちゃんのいる育児期間の買い物は、本当に大変ですよね。

生協やネットスーパー赤ちゃんを育てている子育て期間は利用されている方も

多いと思われますが、それでもどうしても買い忘れて、

リアルなお店に買い物に行かなければならない時は、あります。

赤ちゃんの具合を見て、気分転換の外出と捉えて、

買い物がストレスにならないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ペーパー系の日用品はきらさない

オムツやトイレットペーパーなどかさばるものや、ネットスーパーや生協を利用して、

常に数があるようにしておきましょう。

とりあえず、ペーパー系の日用品はきらさないことがコツです

 

日用品のチェックをする

日用品は、かさ張るものです。

週末などに過不足をチェックして、旦那さんと一緒に買い物に行ってもらいましょう。

合わせて食品でも調味料、乾物物など近くの底値のスーパーを狙って、

底値で手に入れるようにしましょう。子供が赤ちゃんの頃から、

こうした計画性を持った買い物を行い、家計にも計画性を持たらすようにしましょう。

 

レシピを3日から1週間単位で考える

赤ちゃんがいると、なかなか大変ですが、赤ちゃんの成長に合わせて、

食事のレシピを3日から1週間単位で考えておきましょう。

赤ちゃんのいる時期の食事の支度は、大変です。

いずれ、離乳食も考えなくてはいけません。

離乳食や未就学児が食べる子供のメニューを考えながら、

レシピを予め考える週間を身に付けたいものですね。

 

生協、ネットスーパーを利用する

普段の食事のメニューや日用品は、赤ちゃん連れやましてや上の子がいたリすると、

大変なものです。極力、買い物に関しては楽をすることが望ましいです。

普段の常備菜など、普段の買い置きしておく食品は、

生協やネットスーパーを利用するようにしましょう。

 

赤ちゃんのグッズは底値をチェックする

赤ちゃんオムツ、ミルクなどの用品は案外、コストがかかります。

オムツ、ミルクなど近くのお店で底値をチェックしておきましょう。

底値である程度まとめ買いしてけば、

オムツにしろミルクにしろ年間通すとだいぶコスパ効果が高くなります。

 

赤ちゃん連れの買い物を楽しむ

赤ちゃんのいる時期は、外出するのが大変です。

しかし、公園遊びなど外に連れて出なくてはなりません。

そのついでに赤ちゃん向けのお菓子を買う、

おもちゃを買うなど荷物にならない程度の軽い買い物を楽しみましょう。

上の子にお菓子を買ってあげる程度にしておきたいものです。

 

まとめ

子供が赤ちゃん、小さいうちは、日常のちょっとした外出などが、実はとても大変です。

ネットスーパーや生協を利用して計画的な買い物をして、

どうしても赤ちゃん連れで買い物する時は、

あえてレジャーとして、買い物を楽しんでみましょう。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ