沖縄お中元・お歳暮事情!沖縄に嫁いで知った驚き習慣!

私が沖縄へ嫁いできてから知った、驚きの沖縄お中元・お歳暮事情

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

お中元、お歳暮といえばお盆の時期や年末年始に日ごろお世話になっている方へ

お送りするのが普通だと思いますが、沖縄はちょっと違うんです。

私が沖縄へ来てから驚きの習慣は色々あるのですが、中でも衝撃だったのがお中元、

お歳暮の認識が沖縄では全然違うということ。

送るものも沖縄ならではのものがあって面白いので紹介しますね。

 

お中元、お歳暮は送付せずに直接届ける

 まず、私が驚いたのはお中元、お歳暮の品物を直接家へ伺って届けるということ。

デパートなどで品物を買う時に、ついでに宅配便をお願いするのが普通と思っていたのですが、

沖縄の場合、大量購入して一個一個自分たちで届けます。

届け先は、5か所以上が普通です。しかも、仕事でお世話になっている人へ、

というよりかは親せきに渡すのが一般的。

 

お中元、お歳暮はご先祖様に渡す?!

中元2

沖縄ではお中元、お歳暮の届け先は、仏壇がある親せきの家が基本。

ちなみに、うちの場合、旦那は次男なので長男ほど責任は重くありませんが、

それでも親せきの家8軒ほどへ出向かわなくてはなりません。

しかも、「祖母の妹」とか、かなり遠い親戚の家まで…。旦那は長いこと沖縄から離れていたし、

久しぶりに伺ったら「あなたはどこの誰?」状態。

沖縄では、必ずお仏壇にお供えするのが普通なのですが、私にはいまだに理解できません。

しかも、伺う親せきの方には、お盆とお正月のあいさつの時に会うだけなんですけどね。

 

沖縄ならではの人気商品とは?

中元3

地域性がでるお歳暮、お中元の人気商品。

沖縄で主流なのは、やっぱり「米」!

5㎏入りをもらえるともう嬉しくてたまりません。笑

中でも、沖縄県産(石垣島や名護市羽地地域など…沖縄でもお米は栽培されています)

のお米は人気が高く、発売と共にすぐに売り切れになることもしばしば。

お中元、お歳暮用の箱もあるんですよ。

もう一つ人気なのは「シーチキン」!これも箱で売られています。

1箱12缶入りなので、一つもらうだけでも1カ月ぐらいは持つので家計にもありがたい商品です。

 

行事の後はお中元、お歳暮の品物 争奪戦

 お盆やお正月に親せきが集まって盛大にご馳走を食べた後の楽しみがお中元、お歳暮の争奪戦!

親せきの子供たちが大量の品物を全部開けて、欲しいものをどんどんもらっていきます。

子供がいる家庭は、優先的にお米やサラダ油セットなんかをもらえるのでお得です。

やっぱり、食べるものをもらえるのが主婦としては一番うれしいですよね。

毎年、親せきの集まりは面倒だなと思いますが、食料を手に入れるために行っています。

 

まとめ

・沖縄のお中元とお歳暮は親せき回りが大変。

・品物はご先祖様へのプレゼント?!

・沖縄の人気は米とシーチキン!

・行事の後の争奪戦では食材を狙う!

 

独特の文化が根強く残る沖縄。

 

沖縄の人はこれが普通と思っていますが、県外の人からしたら驚きの習慣ですよね。

でも、独特の文化があるからこそ、常に移住ランキングでも人気が高いんでしょうね!

 

関連記事

「季節の挨拶」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ