ゴミ出し頻度と時間のルールを守って気持ちよく!カラス対策も 

03a74b4b6aadef49b858bc9947e9ef7d_sゴミ捨てってどれくらいの頻度で行っていますか?

ゴミの種類にもよりますよね。

生ゴミ、燃えるごみ、燃えないごみ、リサイクルできるごみなどゴミも千差万別。

けれども貴重な資源でもあるのです。

マナーを持って、ゴミ捨てのスタンスをきちんと持ちたいものですね。

捨て方を間違うとカラスにつつかれてしまう事もあります。

 

スポンサーリンク

ゴミ別に捨てるルール化を持つ

ゴミは、生ゴミ、燃えるゴミ、燃えないゴミ、リサイクルできるゴミとあります。

まずは、お住まい市町村がどんなルールかをしているかを知るのが望ましいですね。

大型のごみなど捨てるにも、お金がかかってしまいます。

毎年、節目にあたり広報などが配布されていますので、捨て方を理解しておきましょう。

 

生ゴミの捨て方の頻度

もうこれは、水周りに生ゴミは残したくないですね。

基本、生ゴミは燃えるゴミとして扱いますが、ゴミ箱に入れていても、匂いがして、

虫がよってくる原因となります。

匂い防止をできるだけして、その都度燃えるゴミの日は、捨てたいものです。

溜めておくと、衛生上一番よくありません。

 

カラスが狙ってくるゴミです!

できれば、こういうゴミ袋使いたいですね。

【ごみ袋】【カラス対策】【カラスよけ】カラスを寄せ付けにくいゴミ袋 破れんゾウ 45L 20枚入

 

 

燃えるゴミの捨て方の頻度

紙物などあっという間に溜まってしまいます。

気が着いたら、ゴミ箱が満杯なんて事は日常茶飯事ですよね。

ゴミ箱が満杯に成ったら、

こまめに大型のゴミ袋に入れて燃えるゴミの日に捨てる事です。

 

燃えないごみの捨て方頻度

これがなかなかの曲者で、狭い部屋をより狭くしてしまう原因となります。

ペットボトルや瓶や缶なども捨てる日が指定されていますが、

どれくらいたまったら捨てるというのは、人によって千差万別。

ガラクタ的な物も、そこらへんに転がっている始末。

 

汚部屋や散らかっている部屋の原因の大半は、

燃えないごみをそのまま放置しているのが原因です。

これも、きちんと区別して、捨てるしかないでしょう。

 

リサイクルできるゴミ

これも燃えないごみと同様、部屋が散らかる原因です。

差し迫った感はありません。

いつかやらなくてはと思いつつ、放置しているのが現状です。

しかし、見方を変えるともしかしたら、小銭に変身するかもしれません。

自分にとってはゴミでも、オークションなどに出せば、

誰かが引き取ってくれるかもしれませんね。

しかし、余計に手間がかかってしまうのも事実ですが。

 

ゴミを出さない工夫をする

ゴミ出しというのは、家事の中でも意外と手間がかかり重労働です。

やらなくてはならないものとやらなくても大丈夫な物に分かれ、

ちょっと厄介な家事でもあります。

 

しかし、家事を出来るだけ負担を減らしたいので会えれば、

ゴミを出さない生活を工夫することも大切です。

料理のレシピで、調理の段階でなるべくゴミを出さない、

物件を選ぶ際にディスポーサー機能のある流しにする、

むやみに衝動買いしないなど、

普段から断捨離の生活を心がけるとゴミは自ずと減ります。

 

また、エコにとっても自分の精神衛生上にもゴミを出さない生活を、

心がけることは効果があります。

 

まとめ

ゴミ出しというのは、手間がかかり、重労働です。

市町村のゴミ捨てルールを守り、

自分なりにゴミを出さない生活を工夫することが大切ですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ