断捨離の簡単なやり方!洋服・書類・思い出の品を捨てられない時は

断捨離の簡単なやり方!洋服・書類・思い出の品を捨てられない時は!の記事です。

%e6%96%ad%e6%8d%a8%e9%9b%a2

押し入れの中を片づけて気持ちもスッキリ。

昨今、「断捨離」という言葉がよく聞かれるようになっていますね。

押し入れの中には使わないものがいっぱい。

でも、捨てるのも惜しいし片づけるのも面倒という方は多いのでは?

私も、家の収納が広いというのを言い訳に、ありとあらゆる「思い出の品」

という名の不用品を数多くため込んでいました。

私が実践した簡単に終わらせ、気持ちもスッキリする断捨離のやり方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

断捨離の簡単なやり方!片づけたくなってから片づける!

引っ越ししてから約1年間、家の収納場所が多いこともあり押し入れの中は

パンパンなものの、部屋の中はある程度ものも少なくスッキリ片付いている

状態が続いていたので、押し入れの中は見てみないフリをしていました。

とりあえずリビングをスッキリさせるために、使わないものはなんでも押し入れに

片づけ(押し込んでいただけ)。

押し入れを見るたびに「いつか押し入れの中もキレイにしないとな~」

と思うものの気持ちが向かない。

でも、ある時急に押し入れを片づけたくなったんです。

押し入れの中にものを押し込んでいることが、まるで自分の心を現しているようで。

片づけよう!と思ったら即行動です。

 

断捨離する場所を決める

押し入れの中には、しばらく着ていない洋服や、長年読んでいないけど

捨てられない本や書類がたくさん。

子どもが保育園で作った思い出の品々も年々増えていき収納場所がもうない状態でした。

全部を一度に断捨離するのは大変だしやる気がなくなってしまうので、

今日は○○を片づけよう!と決めてから断捨離を開始。

取りあえず、私は着ていない洋服を全部出して、直感でまだ着たいもの、

もう着ないものを仕分けしていきました。色々考えだすと、もったいない、

まだ着るかも、と思って捨てきれないので、何時までに片づける、

と時間を決めてササッと終わらせました。

テンポよく済ませたほうが早く片付いて時短になるし、気持ちもスッキリしますよ。

 

洋服・書類・思い出の品を捨てられない時は一旦保管!

子どもの作品や高価だった洋服など不要だけど捨てきれないものは、

一旦段ボール箱などに入れてからまた数か月後に確認し、

その時の気分で処分するかどうか決めるのがいいと思います。

やっぱり「捨てきれない」というのはまだ自分の気持ちが残っているので、

思い切って処分しても後悔する可能性が高いからです。

 

まとめ

断捨離の簡単なやり方!洋服・書類・思い出の品を捨てられない時は!のまとめ

■自分の気持ちに正直に、片づけたい時に片づける!

■片づける場所と時間を決めてササッと断捨離。

■捨てきれないものは、一旦保管して後悔しないように。

断捨離は、手間や時間がかかって面倒な反面、家の中が片付き、

心もスッキリしますよね。

片づける場所と時間を決めてササッと終わらせましょう。

家が片付くとなんだか心にも余裕ができるのを感じられるはずですよ。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ