ホテルのアメニティって持ち帰りOKなの?海外旅行先でも大丈夫?

海外旅行に行ってきまーす!アメニティポーチの中身って?

アメニティ1

海外旅行に出かける時、準備すればどんどん気になることが増えてきますよね。

 

そこで、気になるのがアメニティグッズ。

アメニティ(amenity)の意味は「快適」とか「心地よさ」というような意味です。

ホテルの宿泊や、機内でのわずかな時間も快適に心地よく過ごすためのグッズが、アメニティグッズなんです。

海外旅行に出かける時の持ち物の準備については、ガイドブックや旅行系ホームページで紹介されていますね。

それも参考にしつつも、まずは持ち物を最小限にしたい。

 

そのためには、行き先にあるアメニティッグズの内容の予習もしておかねばばりません。

代用できるならそれにこしたことはありませんよね。

それとも旅の記念に未開封で持ち帰りますか?

 

女性にとって旅先のアメニティッグッズってかなり重要なものですよね。

 

まずは移動する飛行機のアメニティグッズはどうでしょう?

 

 飛行機の中って、結構寒いし乾燥してる。

経験した女性はだいたい同じことを言いますよね。

そう、冷房が聞きすぎて寒いんです。

南国のリゾートに行く時には、結構薄着で機内に乗ってしまいがちですよね。

でも、とにかく足が冷えるんです。

航空会社によって違いますが、バリ島行きの、ガルーダインドネシア航空では、エコノミークラスでも、

アイマスク、耳栓、簡易的なソックスが入ったアメニティポーチがもらえるんです。

こいつが寒い機内では本当にありがたくって、大活躍でした。

時々、帰りの便ではもらえないこともあったような、なかったような。

 

エコノミークラスでも、クッションとブランケットは各シートに置いてありますよ。

プレミアムエコノミークラスではスリッパ、アイマスク、耳栓がもらえます。

クッションが大きめサイズになります。

ビジネスクラス以上になると、枕とお布団って感じになります。

これが気持ちいいんです。

 

アメニティポーチのある、なし、それに内容は搭乗前にご自身で確認することをお勧めします。

寒さはブランケットでしのげても、お肌と唇の乾燥は自己防衛しないとダメですよ。

私は機内ではなぜか爪が割れやすいので、海外旅行の前には短く切ることにしています。

目薬も必ず持ち込みます。

アメニティ2

 

ホテルに着いたら気になるアメニティをチェック!

私はホテルに着いたら必ず部屋中を見て歩いちゃいます。

だって、うかれちゃってるし、まずは縄張りチェックしておきたいので。

女性の皆さんもするでしょ?

 

バスルームには楽しみにしていた魅惑のアメニティが置いてあります。

高級ブランドはチェックポイントが高いですよね。

ビンゴだったら一気にセレブ気分になれます。

 

アメニティ3

 

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、固形石鹸、バスソルト、ハンドクリームといったところでしょうか。

綿棒やコットンのパッケージにも注目したいところです。

 

ホテルのロケーションにもよりますが、リゾートなどでは、ビーチサンダル、うちわ、

大きなつばのストローハット、ビーチへ行く時のためのストローバッグも置いていることがあります。

持ち帰りたければ持ち帰ってもOK.。

 

でも、備え付けの大きなボトルのシャンプー類や、タオル類は持ち帰ってはいけませんよ。

 

ホテルのコンシェルジュにいえば、アロマポットとアロマオイルも貸してくれますよ。

このサービスはシティホテルでも行ってるところも少なくないと思います。

 

ただし、ビジネスタイプのホテルではこのサービスは無いかも。

 

お茶、コーヒーなどもホテルのこだわりが。

お部屋には、ご自身でご自由にどうぞ的なお茶、コーヒーのセットが置いてありますが、

パウダータイプや、ティーパック、カプセルタイプなど色々あります。

パッケージにホテルのロゴやネームが入っていて、どれも素敵。

 

だいたい見ればわかるんですが、時にはエスプレッソマシーンとカプセルが置いてあったりすることもあります。

 

以前に知ったかぶりでコーヒーと水の量を間違えてマシーンをセットしてしまい、悲しい結果になったことがありました。

 

使い方がわからない時は、スタッフに聞くのが一番です。

言語が通じない場合もあるでしょうが、ツアーなどで宿泊するホテルの多くは

日本語を話せるスタッフも数人は居るので、アメニティの使い方や、お茶の入れ方など、

なんでも聞いたら親切に教えてくれるはずです。

 

まとめ

航空会社のアメニティは、搭乗クラスによって大きく違うのですが、

会社によっても内容は全く違うんです。

行き先によって路線や時間が大きく関係するので、アメニティグッズの内容を基準には

航空会社は選ばないですよね。

なので乗ってからのお楽しみ。ですかね。

 

でも、ホテルはある程度調べることはできます。

検索やHPでも色々調べることができるので、ブランドや、お部屋のグレードで確認しておくのも良いでしょう。

 

去年、仲良しのいとこグループでバリ島に行ってきました。

3ベッドルームの大きめのヴィラに泊まったのです、アメニティも結構ゴージャスでした。

花びらがいっぱい入ってるフラワーバスの横には、マッサージオイルが何種類も置いてありました。

アメニティなんて誰がどれを使ったのか、ごっちゃになってわからなくなってしまっていました。

でも身内だから全然平気。

それらを全て平等に分けて、機嫌よく持ち帰ってきました。

 

海外旅行って、行く前も帰ってきた後も楽しいから、又行きたいな。

素敵なアメニティに出会える旅、いいですよね。

 

 

「海外旅行」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ