【嫁姑】お盆の帰省時気を遣うお土産!さらに姑との会話!どうする?

帰省で一番気を使う会食、どう凌ぐ?

姑1

盆暮れの時期は、子供達は夏休みだ、冬休みだと喜ぶ時期ですが、

子供達の母親はどうでしょうか?

 

お土産悩む

帰省に際してまず気を使うのが、お土産ですね。

好みもいろいろありますし、口に合わないものもあります。

帰省するたびに相手の好みも徐々にわかってきますが、わからないうちは、

配偶者に聞いておくといいでしょう。

また、お茶などにしておけば無難かもしれません。

自分達は関東圏にいて何気なく見ている「東京バナナ」など喜ばれるものです。

案の定、盆暮れの頃の東京駅はごった返しでどこのお土産売り場は混み合っておりますね。

交通状況も事前にリサーチしておかないと、列車で帰省する場合は、

座席を確保するのが大変でしょうし、車で帰省する際は、交通状況を調べておいて、

安全運転に留意したいものです。

 

帰省道中の楽しみ

姑2

帰省の際の道中には楽しみもあります。

列車ですと駅弁なども楽しみの一つですし、車ですとサービスエリアも最近は、

どんどん進化していて、食事もお土産もバリエーションが豊富になり楽しみにもなっています。

こんな時こそ、疲れるばかりではなく、移動の休憩の時間も楽しみたいものですね。

 

一番気を使うのは会食

帰省に際して、一番気を使うのは会食ですね。

なかなか集まらない親戚が集まります。

会食の仕方は、それぞれの家族、地域性があります。

一番、気を使うのがネックなのが「会話」ではないでしょうか?

 

実は会話を進めるのは非常に難しい問題であります。

日本人は、そもそも寡黙な人種で欧米人ほど、会話を楽しむ術を持っていません。

舅の頑固で厳格な父のご機嫌取り、姑の何気ない、心ない言葉にカチンときたりするものです。

小姑の会話は、天気以外なく、話題に困るというのが少なくないのではないでしょうか?

姑3

また、もっと大勢他の親戚が集まり、会食する機会があれば、

余計なお世話攻撃する者も親戚の中に必ずいます。

冷たい世間とはこういう間接的な身内と接する時に痛切に感じるものです。

独身者には、結婚はまだか、結婚したら、子供はまだか、二人目はまだか、子供が成長したら、

成績はどうかとどんな人生のステージに立っても、冷たい世間から逃れることはありません。

 

鬱陶しいからと言って、反論したり、嫌な顔を出しては関係も人間関係が悪化してしまいます。

実は、こうした時期に身内同士の犯罪は多いようです。

根本的にはこうした感情が根底にあるのでしょう。

ここは、ぐっとこらえてポーカーフェイスでさらりとかわすしかないでしょう。

親戚同士もビジネスライクと思えば、気がラクです。

 

まとめ

姑、舅、小姑、その他親戚の価値観の違いの理解をする事です。

こちらが理解に努めても、相手は理解をしてくれない事が大半でしょう。

しかし、相手は義理であっても親なのです。

尊敬の気持ちを忘れなければ、良好な人間関係を維持する事ができるでしょう。

盆暮れとは、そうした人間関係を構築していく、理解を深めていく機会なのではないでしょうか。

 

「嫁姑」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ