災害対策は日頃の意識と備え!家庭用緊急避難防災グッズ人気リスト!

災害は忘れた頃にやってくる

1457ce7f83bde788881819ec4dbc5161_s

地球の温暖化のせいか、世界中で災害が多くなっています。

できる限り、想定の範囲であれば、日頃から災害に対する意識を高めておいて、

防災に備えておきたいものですね。

 

日頃から防災の意識を持つ

あなたのお住まいの地域は台風が来やすい所ですか?

ご自宅が災害似合った場合、どういう風に崩壊してしまうと想定されますか?

集合住宅ですか?戸建ですか?

避難地域は把握していますか?

お住まいの地域や住宅状況で、被害状況が想定されるのであれば、備えておくべきでしょう。

寝室には、わかりやすい所に避難用バッグを置いておいて、避難できるようにしておくなどして、

突然災害がやってきても、慌てず対処できるように、日頃から想定しておき、

備えらえるものは備えておきたいものです。

 

日頃から通っている学校や職場、よく行く習い事や塾、行きつけのお店などの帰路に際しても、

災害似合った場合を想定して帰宅難民にも備えておきましょう。

また、遠出など日頃あまり行き慣れない所に行くにしても、

それまでも帰路の災害状況がわかれば、把握しておきたいものです。

外出を控えるとまではいいませんが、どこで起きてもわからないので、

行き慣れない所でも、災害の際の想定はしておきたいものです。

 

普段の買い物で食料品、日用品を備えおく

東日本震災の時に、トイレットペーパーの買いだめしたりした事がありましたよね。

日頃から災害の備えを考慮して、普段の買い物でできる範囲で揃えておきたいものでうすね。

例えば、トイレットペーパーなどの紙類は日頃から、多めに備えておくことが大切です。

食品も非常食グッズなど多彩にありますが、いざとなれば普段食べ慣れたものが、

精神的にも安心感があります。コンロなどもカートリッジを多めに用意しておきましょう。

 

災害時でも暖かい物が食べられると安心ですね。普段から、おにぎりを冷凍しておく、

残り野菜を天日干しにして、ドライ野菜にしておくとか、

漬物を多くつくるとか保存がきく常備食を多めにつくっておいて、

冷凍しておくとかしておくといいでしょう。

また、お菓子やおつまみやすぐに食べれるレトルト食品、缶詰など常備しておきましょう。

 

おすすめの非常食グッズ

こちらは、非常食など専門に扱っているネットショップです。

単品から買えるのがおすすめですね。

http://www.life-store.jp

 

防災グッズを揃えておく

%e7%81%bd%e5%ae%b3

防災グッズセットなどありますが、

一体どれくらい準備をしておけばいいか実際は把握していない方も

少なくないんではないんでしょうか?

また、防災グッズのセットを買ってそれで満足していませんか?

ご家族の年齢や健康状態やライフスタイルなどによって準備する物が違ってきます。

赤ちゃんのいるうちですと、オムツやミルクや離乳食がいりますし、

お年寄りがいるうちは、介護の物や病院からの薬などの医療が必要でしょう。

家族にあわせて準備しておきたいものです。しかし、どの家族も最低限必要なものは

 

1.水(一人あたり3リットルの水、最低でも5日分)

2.非常食(ご家庭で準備してあるもの)

3.日用品(トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ系)

4.医療品(常備薬、ばんそこう、消毒薬など)

5.衣服(下着、シャツ、防寒具)

6.貴重品(現金、小銭、身分証明書、保険証など)

7.お助けグッズ(コンロ、ハサミ、カッター、軍手、カイロ、ガムテープなど)

8.簡易トイレ

 

仮に避難所などの生活を余儀なくされる事が想定されるのであれば、

持ち出し用のものを準備しておかれる事をおすすめします。

わかりやすい、取り出しやすいところにおいておきたいものです。

いざ、災害がきて、非常用持ち出しグッズがどこにあるかわからなくては元も子もありません。

 

アマゾンでの非常持ち出しです。ご自身に合った物を見つけてみませんか?

防災グッズ人気リスト ⇒ 非常用持出袋・緊急避難セット

 

帰宅難民に備える

 %e7%81%bd%e5%ae%b3%ef%bc%92

家族が揃っているときに災害が来たら、みんなで助けあえますが、実際は学校に行っていたり、

会社に行っていたりと、日中は家族がバラバラに行動しています。

仮に帰宅難民になったとした事を想定して、帰宅までの経路を調べておきましょう。

近くの公園のトイレ、避難所などもチェックしておくといいですね。

 

また、最低限の水分、あめやチョコなどを持っておくといいですね。

スマホも充電対策をしておいて、無料電話のアプリを入れる、

災害用のアプリを使いなれておくなどしておきたいものですね。

また、家族の動向も知っておいて、連携をしておかれる事をおすすめします。

 

水害、火災に備える

%e7%81%bd%e5%ae%b3%ef%bc%93

首都圏に学校や職場がある人が、年頭に置かなければならない災害は、水害と火災です。

日頃のルートでの下水の状況など余裕があれば、リサーチしておくといいでしょう。

首都圏の下水など老朽化が進んでいる所がほとんどです。

 

水道管が破裂したりする可能性がある可能性が多いでしょう。

また、川沿いの近くに住んでいる、仕事場や学校がある所は、

どこに避難をするのかを把握しておきましょう。

 

火災は、いつどこからか発生してもおかしくありません。

特に首都圏で、飲食店が密接する雑居ビルでは、非常階段の事情などを調べておいて、

たまには利用してみて災害が起こった際の避難の趣味レーションをしておくといいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?地震や災害は忘れた頃にやってくると言われています。

地球の温暖化のせいか台風も以前より多くなり、被害は相当なものです。

また、日本は地震大国なので、いつ地震がやってきてもおかしくありません。

どこにいても、どんな災害にも対処できるように、日頃から心がけておきたいものですね。

 

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ