ディズニーランド混雑回避技!TDLアプリでアトラクション待ち時間チェック!

ディズニーランド混雑回避技!TDLアプリでアトラクション待ち時間チェック!の記事です。

で1

「夢の国 ディズニーランド」、子供だけに限らず、大人もこの魅力にハマっている人は

多いと思います。

特に今年は、ディズニーシーが15周年だからイベントも行われていて特に人手が

多いかもしれませんね。

私は小学生の子供との約束で、小学校の卒業旅行を兼ねて2月にディズニーランドと

ディズニーシー、二日に分けて遊んできました。

朝イチの飛行機で開園に間に合うように発って、泊まるホテルはディズニーホテルで

先にチェックイン。荷物を預けたらすぐに入場ゲートへ!

さあ楽しもう!と、あのワクワク感は一気にテンションMAXでした!

子供はずっと行きたがっていたTDLに初めて行けて(卒業だからいいじゃん、って学校休んで)、

終始最高の笑顔でした。

限られた時間を有効に使うために、出来るだけ避けたいと思ったのがアトラクション待ち

時間の混雑です。

 

ディズニーランド混雑回避技!TDLアプリと予約チケット

で2

今や、TDLでもスマホのアプリを使うのはほぼ常識!

待ち時間 for TDL TDS

お目当てのアトラクションが今何時間待ちなのか、ショーは何時からどの位置で始まるのかなど

簡単に分かるので、待ち時間の短いアトラクションから乗ったり順番を考えたり、

とにかくアプリを活用するのは動きやすい!

エリア別にもなっているので現在地から確認しやすかったですよ!

 

他には、「ファストパス」。

これを知らない人は絶対損をしますので、必ず押さえておきたいですね。

アトラクションの前にある発券機で予約できるチケットです。

長時間の待ちが予想される人気のアトラクションでは、早めに使って欲しいですね。

発券すれば次に乗れる時間が表示されます。

その時間に行けば、並んでいる人を横目に優先的に先頭に入って行けます。

 

続けていくつものアトラクションの予約をする事は出来ず、一度発券するとしばらく

待たないとこのサービスは使えません。

だからこそ、ファストパスをとったらその時間まで比較的待ち時間の短いアトラクションを

楽しむといいと思います。

 

アプリとファストパスの連係プレーで、長時間待たずにお目当てのアトラクションを楽しめました!

 

 

狙い目の時期はいつ?

で3

平日であろうといつも混んでいるのがTDL。

イベントを企画しやすい時期は年間通してたくさんありますからね。

そんな中、狙い目ともいう月があるとすれば1月後半でしょう。

2月~は学生さんの卒業旅行に当たったりもしますし(私たちもですが)、GWや七夕、

夏休み、秋から冬にかけても連休やクリスマスといったイベントも続きますから、

混雑もハンパないです。

 

また、平日なら空いてるのでは、と思っても休みの取りやすい学生さんが来たりもします。

でも、ここにも狙い目が!

平日に行くなら火曜、水曜、木曜がおすすめです。

週末や、日曜を挟んで休みを取りやすい月曜に比べると中日の3日間はいいですよ!

かくいう私も水、木で行きました。

 

まとめ

で4

ディズニーランド混雑回避技!TDLアプリでアトラクション待ち時間チェック!まとめ

各地に心弾ませるレジャーランドは数多くあるけれど、一度は絶対行きたい場所ですよね。

ただ、混雑、長時間のアトラクション待ちは覚悟して行くべし!…なんですが、

避けられるのであれば避けたい。

 

対策としては、

・ アプリとファストパスは何が何でも使う

・ 休みが取れるなら平日の中日、月なら1月後半

…他には、開園の1時間前にはゲート前に着くようにする、ディズニーホテルに泊まる事で

開園の15分前から入場できるサービスを利用する、など。

園内でキャラクターと写真を撮る時間を省くための裏技としては、ディズニーホテルのレストランを

予約する事で、食事中にキャラクターが席に回って来てくれるから、その時に撮影する、

などもあります。

 

あとは、ゲートに入ったら人気のあるアトラクションのある場所を避け、反時計回りで回ると混雑を

避けられます。

細かい裏技は探せばもっとあると思いますが、ここに挙げた事だけでもかなり待たずに

楽しめました!

家族全員、最高の思い出が出来ましたよ!

絶対また行きたいです!

 

人気アトラクションのひとつ、ジャングルクルーズの動画があったので雰囲気を味わってみて下さい。

私たちが乗った時はお姉さんでしたけど♪

 

「アウトドア」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ