【祭り】幼稚園の夏祭り親子で楽しもう!出し物ゲームアイディア10選!

幼稚園の夏祭りで子どもと一緒に大人も楽しもう!!!

ゲーム1

今年もまた夏祭りのシーズンがやってきました。

幼稚園では、子供達が待ち焦がれてるイベントのひとつですね。

子供達の期待に添えるように、保護者のお父さん、特にお母さんはアイデアと頑張りの

見せ所ではないでしょうか。

 

毎年、これはよろこぶから、絶対に外せない出し物もあるでしょう。

一方では、去年とは違う新しい出し物を考えたり。

決められた予算内でやりくりもしなければなりません。

飾りつけも、景品も手作りで作ったり。

本当にご苦労様です。

 

そんなお母さんたちの助けになれるようにと、子供達が大喜びするような幼稚園の夏祭りに

関するアイデアをまとめました!

園児だけではなく、たくさんの保護者にも、先生にも楽しんでもらえる夏祭りを作りましょう。

 

幼稚園の夏祭りの出し物やゲームのご紹介

幼稚園での出し物やゲームといえば、低予算で手作り品というのが定番です。

廃材やリサイクル品などを使って材料費がかからず、

なおかつ、園児たちが楽しめるアイディアをまとめました!

10個のアイディアを一挙ご紹介します!

 

ペットボトルボーリング

空の500mlペットボトルに少しだけ色のついたお水を入れて、ピンに見立てます。

ボールは、新聞紙やチラシを丸めて作っても良いですが、うまく転がらないので、

幼稚園の園のボールをお借りしましょう。

色水を入れたペットボトルがきれいで子供達も喜んでくれます。

キラッキラのラメなんて入れると、さらにGood!

新聞紙などの手作りボールであれば、ペットボトルの水量は少なめにして調整してください。

 

輪投げ

段ボールとトイレットペーパーの芯、新聞紙、ビニールテープで作れます!

ベースになる土台は段ボールで作って、数カ所穴を開け、トイレットペーパーの芯を突き刺して

裏からガムテープなどで固定します。

輪っかも新聞紙を折ってねじって、ビニールテープでぐるぐる巻にするだけです。

その時、色の違うビニールテープを使って巻くと、赤は高得点!とか、ポイントにも変化が

つけられるので、大人の方が真剣に遊んでしまうかも。

ベースになる段ボールや、芯にもペイントしたり、シールを貼ったり。

カラフルにしてあげましょう。

 

魚釣り

水が張ってないビニールプールに、厚紙で作ったおサカナをたくさん入れましょう。

おサカナの口の部分には、磁石か、なければ洗濯バサミか、ダブルクリップをしっかりと

取り付けてください。

竿はラップの芯に切り込みを入れて、引っ張っても取れないようにたこ糸をくくります。

忘れないように糸の先端にも、磁石か、クリップをつけてくださいね。

本当は木の棒が良いのですが、年少さんにはちょっと危険かなと思います。

 

紙でできたおサカナには、飴やラムネなどを一緒にくっつけておけば、さらに子供達も喜ぶでしょう。

もちろんおサカナにも可愛らしい模様を描いてあげてくださいね。

 

ヨーヨー釣り

水を張ったビニールプールを用意しましょう。

ヨーヨーはパーツもポンプもついて、100コセット2000円くらいなので、意外と低予算でできます。

キャンペーンをやっているショップなら安く入手できますよ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

コイン落とし

水を張った水槽に、大小さまざまなグラスを入れて、それを狙って1円玉を落とすゲームです。

コインがグラス入れば、景品ゲット!

グラスの大小によって、景品の種類を分けても盛り上がりますよ。

でも、これって大人がやってもけっこう難しいんですよね。

ちびっこがやるんだから、深皿でもいいのかも。

 

千本引き(紐引き)

幼稚園の縄跳びの本数が多ければ、それもお借りしましょう。

なければ、ホームセンターなどで、太すぎない程度のロープを買います、

長さはお任せですが、セットもお任せです。

無理に紐を吊るさなくても良いのです。

一方には景品をくっつけて、もう一方は子供達が選んで一本づつ引っ張る。

なので、景品の部分が見えなかったら良いのですが、チラ見せもありかな?

もちろんハズレは無しですよね。

 

空き缶積み

30秒の時間の中で、どれだけ空き缶を高く積めるかを競うゲームです。

空き缶をたくさん用意して飲み口は危ないのでテープなどでしっかりふさいでおいてください。

その中の数個にだけ、中にビー玉やおはじきなどを入れておくと変化があって楽しいですよ。

缶は350mlと500mlを2種類用意しておくと、さらに楽しさ倍増です。

 

スーパーボールすくい

これが一番ウケがよかったりするかも。

子供はスーパーボール、本当に好きですよね。

すくったら持って帰ると思ってますよ。

お得なセットも販売してるようです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

 

巨大シャボン玉作り

多めのシャボン液とハンガーで作った輪っかを用意しておいて、あとはご自由に遊んでねー!

というものです。

シャボン液は、洗剤などでカンタンに作れますし、みなさん経験もありますよね。

普通サイズのシャボン玉コーナーだと、普段と変化がないと思うので

あえて”巨大”にしてお祭りスペシャル的にしました。

 

フェイスペイント

つまんで簡単にはがせる フェイスペイントというものがあります。

幼稚園の夏祭りを大いに盛り上げてくれるでしょう。

お母さんも先生も一緒にペイントしてこどもたちと思いっきり遊びましょう!

ただし、少し予算もかさみます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

そうそう、せっかくのお祭りなんだから、『お揃いのハッピ』や『オリジナルのTシャツ』を作る

とチームワークも高まりますよ。

便乗して、自分たちの思い出も作ってしまってはいかがですか?

 

まとめ

少しは参考になりましたか?

保護者の皆さんは、お仕事や家事、育児の合間の少しの貴重な時間を割いて、お忙しいでしょう。

本当にご苦労様です。

 

うちも何年も前ですが、頑張りましたよ。

息子が言ってました。

「これもこれもママが作ったやつ。」

そう、全員のパパやママが作ったんです。

 

子供達にとって、幼稚園の夏祭りは一生の楽しい思い出になります。

準備も本番も大変でしょうが、いざ終わってみると楽しかったなぁと思えるものですよね。

夏のいい思い出になるでしょう。

ガンバレ、お父さん、お母さん!

 

「祭り」の記事一覧

「子育て」の記事一覧

目次(サイトマップ)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ