【祝日】勤労感謝の日、本来の意味!えー知らなかった!収穫祭なの?

勤労感謝の日って収穫祭?

 

%e5%8b%a4%e5%8a%b4

 

勤労感謝の日は「働いている人々に感謝する日」だと思ってませんか?

わたしはずーっとそう思い込んでいました。

 

じつは「勤労感謝の日」が新嘗祭という、

戦後にGHQの指示で意味不明の変な名前にされた収穫祭なのですよ。

 

11月23日は国民の祝日『勤労感謝の日』

「勤労を尊び、生産を祝い、国民同市たがいに感謝しあう」

という趣旨の元、1948年に国民の祝日として制定されました。

 

しかし実はこの勤労感謝の日という名称もその趣旨も、

本来の意味とは決して「勤労に感謝する日」でも「働く人に感謝する日」でもありません。

 

勤労感謝の日とはGHQに歪められた偽りの祝日?

実はこの11月23日という日は元々『勤労感謝の日』ではなく

『新嘗祭(にいなめさい)』と呼ばれる祭日で、非常に重要な宮中祭祀が行なわれる日でした。

 

この新嘗祭とは天皇が日本国民を代表し五穀豊穣と、

命の糧を授けて頂いたことに対する神への感謝を捧げるための祭り、

つまり日本の収穫祭なのです。

 

天皇陛下だけでなく国民全員も天皇と一体になり、秋の実りを神に感謝する、

日本国にとってとても大切な一日でした。

昔は現在とは違い、当時は国民のほとんどが農家で、

その年に収穫される新米や穀物が無事に収穫できるかどうかは生死に関わることでした。

 

だからこそ、春にその年の五穀豊穣を祈り、

秋にはその実りに感謝するという自然な感謝のリズムは、

現代では考えられないほどにとても重要な意味を持っていたのです。

 

昔はこの新嘗祭が終わるまでは決して新米を口にしてはいけないとされていたそうですよ。

ところが日本は敗戦後、

GHQは日本国民から天皇や皇室に関係したものを徹底的に切り離そうとしました。

天皇という絶対的な精神的支柱が弱点だとおもっていたのです。

 

そして天皇と国民が一体であった新嘗祭は宮中のみでの祭祀となり、

国民からは完全に切り離されてしまったのです。

実は、アメリカにも、この日本の「勤労感謝の日」と似た行事があります。

 

9月第一月曜日には、レイバー・デー(Labor Day)という勤労の感謝を祝う日があり、

また、11月第4木曜日に、

サンクスギビング・デー(Thanksgiving Day,感謝祭)という生産を祝う日があるんです。

アメリカの占領軍は、「新嘗祭」という名称を変えるにあたって、

上記の似たような意味合いを持つアメリカの行事の2つの行事の名称を

組み合わせることを考えました。

 

そこで、「Labor Day」と「Thanksgiving Day」を組み合わせ、

「Labor Thanksgiving Day」という名称を考え出し、それを日本語訳して、

「勤労感謝の日」という名称になったというわけです。

 

結局、勤労感謝の日は何に感謝するべき日?

%e5%8b%a4%e5%8a%b4%ef%bc%91

そんな古い歴史があったものの、結局「勤労感謝の日」は何に感謝するべきなのでしょうか?

現在では、時代とともに少し意味合いも変わって、農業の農作物の収穫を祝うだけではなく、

広い意味でのさまざまな労働、勤労に対して、感謝する日となりました。

 

一言でいうとやっぱり「仕事をしている人に感謝をする日」でもありますよね。

五穀につながる農業を営んでいる人はもちろん、漁業も産業も切り離せません。

それ以外にもIT業界、経済を回している人、政治家、教育者、料理人、職人

一見、自分には関係ないと思われる人でも、巡り巡って繋がっていると考えます。

 

また、仕事をしていないと思われる専業主婦だって、育児や家事、

いつも家を整えて迎えてくれることが労働なんです。

そういったすべての勤労を尊び、生産をお祝いして感謝するのが勤労感謝の日です。

 

勤労感謝の日がハッピーマンデーにならない理由!

近年では、祝日を月曜に移動させて、

土曜・日曜と連休にするハッピーマンデー制度が導入されていますが、

勤労感謝の日には適用されていません。

 

これにはきちんとした理由があり、

勤労感謝の日は元々新嘗祭という祭日だったことが関係しています。

祭日とは、皇室に関わる儀式や祭典が行われる日を指していますが、

昭和22年になると皇室祭祀令が廃止され「国民の祝日に関する法律」が施行されたことにより、

祭日はなくなり祝日に統一されています。

 

しかし、現在でも元は祭日として制定されていた行事に関しては、

その日に儀式を行うことに意味があるため、月曜に移動することはありえないのです。

 

そのため、勤労感謝の日以外にも、

昭和天皇の誕生日である「昭和の日」や今上天皇の誕生日である「天皇誕生日」、

明治天皇の誕生日である「文化の日」、5月5日の「こどもの日」など、

皇室に関わることや宮中行事として行われてきたことは、

日にちの移動は行われていないのですよ。

 

まとめ

日本古来の美徳・しきたりを忘れないためにも『勤労感謝の日』でもありますが、

『新嘗祭』だった意味を子供たちにも教えてあげないと、と思います。

時代の流れもありますが、新米を口にするタイミングも、

11月23日以降にしてみようと思いました。

 

でも、収穫にも人にも感謝することを忘れない日。

わたしはそれでいいよね、と思います。

 

「祝日」の記事一覧

目次(サイトマップ)

2017年(平成29年)酉年(とりどし)祝日一覧表リスト!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ