山梨アウトドアはぶどう狩りがおすすめ!食べ放題を楽しむフルーツ王国

山梨のぶどう狩りにお出かけしよう!

%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86

暑い夏が去って、過ごしやすい秋がやってきました。

まだまだ残暑はあるものの、過ごしやすくなり、

秋の実りを堪能する楽しみの季節がやってきました。

 

とりわけ、果物がおいしい季節です。

残暑の名残のある9月から10月にかけてぶどうが特においしい季節。

秋は、祭日など秋は、連休が多い時期でもありますので、ぶどう狩りに出かけてみませんか?

 

あなたは、どんなぶどうが好きですか?ピオーネですか?巨峰ですか?マスカットですか?

ぶどうの名前もたくさんあり、覚えきれないですよね。

 

ぶどう狩りはフルーツ王国山梨がダントツ

ぶどうの美味しいとこと言えば、どこを想像しますか?山梨と思った人がほとんどですね。

山梨は、夏でも桃も美味しく、フルーツ王国として名高い所。

武田信玄あり、石和温泉あり、ほうとうなどのグルメも楽しめて、東京からも近く、

長野などへの通過点なので、とても行きやすいアクセスとポイントです。

日帰りのぶどう狩りにへ赴くのは、首都圏から出向く、日帰りコースにちょうどいいですね。

 

ぶどう狩りの予算ですが、

大人が1000円から2000円前後で子供が500円から1000円位が相場のようです。

時間制限もあまりない農園が多いようです。

さすがに、食べ放題と言っても、2時間以内のような時間制限があっても十分ですね。

 

お土産は、別会計になる農園がほとんどでしょう。

つい狩りすぎ、つい買いすぎに注意。どんどんぶどう狩りのかごにでも盛ってると、

5000円位はあっという間にいってしまいます。

ぶどう園を選ぶポイントは、

お土産用のぶどうも入園料に入っているタイプの農園を選ぶのもありですね。

多少高く感じても、結果的にぶどうを買っていく事を考量しておくといいですね。

家族分ですと、入場料のみで済ませる事ができます。

 

ぶどう狩りに行って困るのは、皮をむくときではないでしょうか?

人差し指に小さな向いた皮の処理に困りませんか?

茎の方からではなく、実上の方からむくと、多少はするっと剥けるようですよ。

また、爪楊枝一つ忍ばせておくと、剥きやすいようですよ。

つまようじを刺して一回転させると、するっと綺麗に大きく皮が剥がれますよ。

 

ぶどう狩りに行くと決まったら、交通機関のリサーチは欠かせないようにした方がいいですね。

というのは、ぶどう園の駐車場事情は、限られて、

せいぜい20台から100台くらいが限度なとこが多いでしょう。

 

山梨は、アップダウンで道幅の狭い道が多いので、

ドライバーは事故のないように気をつけて運転したいものですね

 

ワインナリーも多いので、ワインを楽しみたいのであれば、

電車を利用される事をおすすめします。

予めぶどう園を決めていたのなら、JR石和駅、勝沼ぶどう郷駅などの

メインな駅まで送迎バスが迎えに来てくれるところが多いでようです。

また、車で来ても、農園の駐車場には入れず、

ひとまず大きな駐車場のある施設に車を停めておいて、目的のぶどう園までは、

送迎バスのお迎えにお世話になってしまうというケースが多いようです。

 

ランチをぶどう園で兼ねてしまうのであれば、

バーベキューやほうとうが楽しめるなどのぶどう以外のグルメが楽しめる農園も多くありますよ。

バーベキューやほうとうの食後のデザートのぶどうも格別美味しそうですね。

 

旅行に行ってもよし

%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%ef%bc%92

ぶどうは、8月から美味しく食べれます。

デラウェア、巨峰、ピオーネなどが美味しく食べられます。

桃も美味しい季節ですので、合わせて桃も楽しめますね。

 

ただ地形的に盆地なので、暑いのがネック。しかし、ちょっと足を伸ばせば、

長野の避暑地がありますし、何と言っても富士山があり、富士5湖があります。

 

夏のイベントついでに立ち寄るには、ちょうどいいアクセス。

武田信玄関係もあり、シャトレーゼなどの本社やワイナリーの工場見学もできますので、

お子さんの自由研究になりそうな材料の宝庫な地です。

 

ワイン好きにはたまらない

%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%ef%bc%93

ぶどうがこれだけ収穫できるだから、ワインも有名なのは当たり前ですね。

メルシャンやその他ワイン工場などの見学もできて、試飲もできる。

ちょっとしたオシャレ感覚を楽しめます。勝沼のシャトーメルシャンのワインは有名ですよね。

 

ワイナリーを巡るのも楽しみの一つ。大人的休日を楽しめます。

スーパーで見ているメルシャンのワインも勝沼のワインで見ると、

ぐっとグレードアップして見えますし、試飲も美味しく感じます。

 

シャトレーゼの本社がある

シャトレーゼはお近くにありますか?

シャトレーゼのお菓子は、安くてまとめ買いしやすいですよね。

また、帰省のお土産にも重宝します。

 

シャトレーゼの本社は、山梨にあり、工場見学ができて、アイスが食べ放題。

工場見学は、事前に予約が入りますが、スイーツの見学ができて、

アイスが食べ放題は至れり、つくせり。夏休みの自由研究には、いいネタです。

お子さまを連れて行くには、ぶどう狩りだけでなく、シャトレーゼに立ち寄るのもオススメ。

ちょっと休憩がてらに、アイス食べに行ってみませんか?

 

まとめ

いかがでしたか?山梨のぶどう狩りに行ってみたくなりましたか?

首都圏近郊から週末や祭日にちょっと足を運んで、

フルーツやワインを堪能されてみては、いかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ