家族葬の費用や流れは?どこまでの人が参列するの会社の人も呼ぶ?

家族葬の費用や流れは?どこまでの人は参列するの会社の人も呼ぶ?

誰にでも訪れる近親者との別れ。

正直予め準備しておくのは、抵抗を感じるようなものですが、突然いつ突きつけられる現実であるという事も認識しておく事も必要です。

高齢の両親がそう長くないなと感じたら、何となくでも葬儀の知識、準備もしておきたいものです。

 

スポンサーリンク

家族との関係を見直す

最近の家族は、価値観の多様化と昔のように家族が一緒に住むという事も少なく、家族が遠方でバラバラに住んでいるケースも少ない、関係が悪化して疎遠担っているという人も少なくありません。

しかし、家族がいつどうなるかわかりません。自分を含め万が一の事を想定して準備を考える日は自ずとやってきます。

それには、家族との関係を良好にしておくことに越したことはありません。

 

家族の経済状況を把握しておく

他界して旅立つにも費用がかかります。葬儀費用、お墓など大きな金額から死亡診断書、火葬費用など小さな金額まで亡くなるにも誰かしら費用を負担しなければなりません。

両親、兄弟がどれくらいの経済状況かは把握しておき、共に健康で冗談が言えるうちに万が一の場合について、話しておくと後々事がある程度スムーズに行う事ができます。

 

家族葬の費用や流れは?

最近の葬儀の形態は、家族やごく親しい友人や近所の方で行うのが最近の主流となっているようです。

亡くなった方の年齢や仕事関係にもよりますが、ほぼ最近は家族葬で行っているのが主流です。

費用としては、200万円位がごく平均の費用のようです。

 


 

どこまでの人が参列するの会社の人も呼ぶ?

家族葬のメリットは、近親者やごく親しい者だけでのみ行うので、まとまりやすく、式もスムーズに行いやすい事です。仕事関係やゆかりのあった方までに広めてしまうと、費用もタスクも増えてしまいます。

また、実際の式もまとまりやすく、暖かい雰囲気で故人を送り出す事ができます。

 

家族葬のディメリット

近親者のみで行った場合、故人のゆかりのあった方には、葬儀が終了後に家族葬の通達をしなければなりません。中には家族が把握していなくて、知らされてショックをうけて通夜、葬儀に参列を希望する方も中にはいらっしゃいます。葬儀屋さんもそうしたケースを多々みているそうです。

後々、ゆかりのあった方々が、自宅に弔問に訪れたり、香典を送ってきたりと香典返しの事後処理が面倒になってしまいます。

 

まとめ

『家族葬の費用や流れは?どこまでの人が参列するの会社の人も呼ぶ?』についてお届けしました。

近親者の旅たちは、誰にでも訪れるものです。ごく平均的な家庭の方は、ほぼ家族葬で行うケースがほとんどです。

家族の健康状況、経済状況、家族の住居にどんな葬儀屋があるのか、家族がどんなお墓を望んでいるのか、抵抗はあるかもしれませんが、ある程度元気なうちに把握しておくと、突然訪れる不幸にも冷静に対応する事ができます。

家族を暖かく、旅たたせてあげたいものですね。

 

http://www.osohshiki.jp

https://obousan.minrevi.jp

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ