【祭り】伊丹花火大会!地元穴場スポット!ナイショ4選!

伊丹花火大会の穴場スポットが知りたい!

いたみ花火1

今年もやりますよ!「いたみ花火大会」

兵庫県伊丹市で開催されるこの花火大会は、

「夏休みの最後の思い出づくり」

にピッタリなイベントですよね。

毎年、楽しみになさってる方も大勢おられるでしょう。

実は私もその一人です。

今年で36回目。

 

今回は「いたみ花火大会」の穴場スポットや

日程・時間、会場へのアクセス方法など

地元ならではのお役立ち情報をおとどけします。

 

伊丹花火大会詳細

 

詳細⇒第36回いたみ花火大会

 

開催日時

2016年(平成28年)8月27日(土曜日)

 

打ち上げ予定時刻

20時00分~21時00分 荒天時は翌日へ順延

 

開催場所

猪名川神津大橋南側河川敷(伊丹市口酒井字蔵ヶ淵地先)

 

打上数

3,500発

 

テーマ

今年のテーマは、『万華創演』(ばんかそうえん)です。

夜空に咲かせる様々な華の宴!

グランドフィナーレは圧巻のワイドスターマイン。

複数個所から同時連射連発の花火!

金波銀波の咲き乱れ!

伊丹名物「黄金しだれ柳の重ね咲き」は迫力満点で、一見の価値は大ありですよ。

来場者数は6万人を予想しています。

 

観覧場所

会場周辺ではどこからでもご覧いただけます。

間近にあがる花火が体験したい方は、神津大橋河川敷付近が一番のおすすめスポットです。

 

最寄駅

JR伊丹駅から南東へ徒歩約10分、阪急伊丹駅から東へ徒歩約20分

 

駐車場

会場には駐車場がありません。公共交通機関をご利用下さい。

 

露店

右岸(メイン会場):約170、左岸(サブ会場):約30、合わせて約200店

 

交通規制

周辺道路が以下のとおり交通規制されます。道路混雑が予想されますので、お車でのご来場はご遠慮下さい。

 

車両通行規制の予告

「いたみ花火大会」開催のため、8月27日(土)、下記区間におきまして車両通行規制(通行禁止)を行います。

27日(土)が荒天の場合は、28日(日)に順延いたします。

 

市バスのう回運行

花火大会の開催に伴い、伊丹市営バスも一部う回運行を行います。

詳細については決定次第交通局HPに掲載される予定です。

http://www.itamicity-bus.jp/

 

メインの鑑賞スポットは神津大橋の南側です。

目の前に上がる花火が圧巻なんです!

穴場スポットとしては川の東側の方が、若干ですが混雑が少なめなようですよ。

花火開始時間の2時間前には現地で待機しておきましょう。


実は「いたみ花火大会」では有料席がありません。

なので、数時間前から観覧場所を確保しなくてはいけません。

そこで、おすすめスポットをご紹介。

 

ひみつの穴場スポット

 

穴場スポットその1:神津大橋河川敷両岸

メインとも言える鑑賞スポットは、神津大橋両岸にある河川敷です。

ここで観ると、間近で打ち上がる花火で迫力満点です。

特に橋の南側が見やすくなっています。

 

穴場スポットその2:大阪国際空港(伊丹空港)展望デッキ

花火会場である猪名川の、東側にある大阪国際空港の展望デッキは、

「いたみ花火大会」全体を観覧することが出来る名物鑑賞スポットです。

飛行機と花火という滅多に観られない組み合わせを楽しめる唯一の

観覧ポイントなのです。

 

穴場スポットその3:イオンモール伊丹(ダイヤモンドシティ)屋上駐車場

打上げ場所からほど近いイオンモールの屋上から、目の前でドーンと咲く花火を

じっくり楽しめます。

見上げることもほとんどないので、首が痛くならなくて、写真を撮るには

もってこいです。

それに、飲食やお手洗いにも困らないので、小さなお子様連れにはうれしい観覧ポイントです。

 

穴場スポットその4:伊丹スカイパーク

大阪国際空港近くにある伊丹スカイパークは、広大な面積と充実した遊具が人気の公園です。

駐車場料金もありますよ。

比較的、混み合わないのでオススメのスポットです。

 

 

注意しておきたいこと

当日は会場周辺で交通規制があるので、車での来場はオススメしません。

帰りたくても車が動かず、大渋滞。

なので、公共交通機関を利用するのがベストです。

 

駅からのアクセスですが、

・JR伊丹駅から徒歩で約10分

・阪急伊丹駅から徒歩で約20分

 

JR伊丹駅は会場まで800mと近いので、大変混雑します。

18時くらいの到着になると、大混雑は避けられません。

17時までの駅への到着だと、比較的すいているはずなので余裕をもって駅、会場へ

の到着をオススメします。

 

帰りの電車の状況も、JRを利用するなら22時まで待ってから電車を利用した方が良いでしょう。

終了直後のJR伊丹駅は本当に混雑がものすごいです。

浴衣も着崩れるわ、迷子になるわ、暑いわで、たいへん。

少し歩いて阪急伊丹駅を利用するのがオススメです。

 

まとめ

1.暑い中のイベントです。水分補給をこまめにしましょう。

2.人が多いので、はぐれた時の待ち合わせスポットも決めておくと安心ですね。

3.楽しいイベントです。

 

近隣には住民の方もいらっしゃいます。

押し合わずに、ごみ等のマナーを守って、楽しく観覧しましょう。

 

夏の締めくくりの「いたみ花火大会」で、素敵な思い出を作ってくださいね。

 

「祭り」の記事一覧

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ