洗濯物を干すコツ!冬の室内干しで乾燥防止!夜の外干しで注意することは

洗濯物を干すコツ!

%e5%b9%b2%e3%81%99

洗濯物を夜にして、夜に干すという方は増えてます。
室内で干す方、外で干す方ともにいるようです。

また、洗濯用の洗剤も部屋干し用は、好調な売れ行きのようです。
働いていて日中不在な方、就業する主婦が増えつつある、自然な流れですよね。

しかし、夜の洗濯や夜干しは、それなりにメリット、ディメリット、限界があります。
それぞれに、考えて、同居人と洗濯に関する価値観を共有して、
快適な家事タスクを一つ済ませたいものですね。

 

できれば部屋干し用の洗剤を使う

部屋干しをするのならば、一番きになるのは、生乾きの臭いですね。
部屋干し専用の洗剤を使用すれば、生乾きの良いやな臭いを防いでくれるので、
気持ちの問題ですが、多少は懸念事項がクリアできます。

 

できればタバコは吸わない

洗濯を部屋干しするのであれば、できればタバコは吸わないようにしたいものです。
生乾きの衣類に、タバコの煙は付着しやすいです。
タバコは、受動喫煙だけでなく、衣類に付着しても健康を害してしまうとの話も聞かされます。

 

できれば帰宅後にすぐに洗濯機を回す

これは、日中仕事をしていて、夕方以降に通常帰宅する方の例ですが、
帰宅後にすぐに、洗濯機を回す習慣をすると、時間の短縮になります。
帰宅後、家事をしたり、食事をしたり、している間位に洗濯機を回すと、
ものの30分から1時間くらいで大概、洗濯は終えるので、
終身前には余裕で干すことができます。
帰宅後、一息ついてから洗濯機を回していては、
できるのを待つ時間がもったいないですからね。

 

洗濯物、夜干すメリット

夜に限らず、洗濯物を室内に干すのは室内の乾燥予防になります。
また、花粉の人は花粉を付けることがありません。
また、外出の際に天気を気にすることなくして、心置なく外出ができますね。

 

洗濯物、夜干すディメリット

洗濯物を室内で干すのは、匂いが気になりますね。
また、やはりお天道様の元で乾かすと気持ちのいい物です。
室内で乾かすのは、なんとなく生乾きであまり気持ちのいい物ではありませんね。

 

洗濯物、夜に外に干すのなら

天気が良さそうであれば、やっぱり外に干したいという方も少なくありません。
しかし、夜中の天気は変わりやすく、朝になって、
洗濯物の物干し竿に水滴がついていて、
「あれ、夜雨降ったんだ」との経験はありませんか?

どうしても、夜の外干しをしたいのならば、確実に天気がいい日を確認しましょう。
また、多少の遮るネットであるとか、多少の雨、露などの湿り気を防げるもので
防御する対策をされるのをお勧めします。

夜の外干しの洗濯物に、虫がついて卵がつくなどのエピソードもあるようです。
そう言ったことも考慮した方が良さそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか?
日中なかなか、外に洗濯物を干すことができずに、
帰宅後に洗濯する方が増えているのが現状です。
お住まいの住宅事情、物干し事情を踏まえて、
室内干しなり外干しなり検討され、清潔感を保ちたいものですね。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ