沖縄県の島野菜の特徴・食べ方は?島らっきょうはそのまま?モウイは?

沖縄県の島野菜の特徴・食べ方は?島らっきょうはそのまま?モウイは?の記事です。

沖縄、島野菜あれこれ

島野菜1

沖縄には「島野菜」と呼ばれる、沖縄で多く栽培され県民によく食べられている野菜がたくさんあります。

最近は、旅行者の方も多く訪れている地元のファーマーズマーケット。

お土産として島野菜を購入される方が増えているそうですよ。

私が嫁いできてから驚いた&美味しく食べられて健康にも良い沖縄の島野菜と料理方法ご紹介します。

 

沖縄県の島野菜の特徴・食べ方は?冬瓜(とうがん)

島野菜2

私が沖縄に嫁いで、まず驚いたのが冬瓜。

この野菜の存在自体は知っていましたが、沖縄でこんなに定番だったとは!!旬の時期(秋から冬)に

ファーマーズマーケットに行くと、冬瓜の特設コーナーがあって、

大きいものから小さいものまで様々な大きさのものが売られています。

大きいのは重たいし、大家族じゃない限り食べきれなさそうなので、いつも小ぶりの冬瓜を購入しています。

それでも消費するのに結構かかりますが。

我が家では、大根と同じような感じで鶏肉と一緒に煮込むのが定番です。

味付けはだしとしょう油でシンプルに。離乳食としてもおすすめの冬瓜。

栄養豊富で、ダイエット効果もあるそうで、沖縄では冬瓜から抽出された栄養成分を

使ったダイエット用のサプリメントなんかも販売されています。

とろとろの中華風スープもおすすめ。寒い時期に食べたくなりますね。

 

作り方は動画で確認!

 

夏の定番、黄色のキュウリ?!モウイ

キュウリを大きくして黄色にしたような野菜のモウイ。

見た目からは美味しい味が全く想像できません。

私も、料理されたものを食べるまでは自分で買ったことはありませんでした。

モウイは中にメロンのようなワタと種があるので、縦半分に切った後まず

それらを取り除いてから調理します。

モウイは、薄切りにしてからお酢で和えるのが一般的。

少しわさびを加えるとお酒に合います。

シーチキン、マヨネーズと一緒に和えると簡単な副菜の出来上がり。

酢和えのイメージが強いモウイだったのですが、冬瓜のように煮つけにしても

美味しいと親せきのおばさんが言っていました。

ローフードとしても話題のヘルシー野菜のモウイ。

 

女性に嬉しい栄養がたっぷりのパパイヤ

島野菜3

南国のフルーツの定番、パパイヤ。

私がハワイに留学していた時は、地元のファーマーズマーケットで黄色く熟したパパイヤが

たくさん売られていて、いつも6個で1ドル(激安!!)ぐらいで買って毎日食べていました。

黄色いのを果物として食べるのが普通と思っていたら、ビックリ!

沖縄では、熟れる前の青い状態で「野菜」として食べるのが一般的。

逆に、黄色いパパイヤが売られているのはほとんど見たことがありません。

青パパイヤは、薄切りにしてシーチキンや玉ねぎなどと一緒に炒める

「パパイヤイリチー」という料理が定番です。

味付けは塩、こしょうとしょう油で簡単にできます。

パパイヤには母乳の出を良くする成分など女性に嬉しい栄養がたくさん入っています。

パパイヤ茶なども販売されているので、妊娠中から産後のお母さんには特におすすめの島野菜です。

 

天ぷらが最高!島らっきょう

今までらっきょうと言えば、カレーの時に食べるぐらいしかなかったのですが、

沖縄では「島らっきょう」といって一般的ならっきょうよりも細長いものが栽培されています。

沖縄では、これを緑の茎の部分も一緒に天ぷらで食べます。

ちょっとだけお塩をつけて食べると絶品。

沖縄料理が苦手な私の父も、この島らっきょうの天ぷらは美味しいと絶賛していました。

天ぷら以外にも、キムチ、かつお節と和えてピリ辛のおつまみとしても人気。

結構匂いがきついので食後の口臭は注意しないといけませんね。

島らっきょうの簡単な下処理の動画です。美味しくいただくには欠かせませんね。

 

まとめ

・冬瓜はおでんや煮物の具材におすすめ

・モウイは酢和えがベスト

・女性はパパイヤチャンプルーで栄養満点

・泡盛のお供に島らっきょうの天ぷら

 

私は、嫁いできて始めの数カ月は、ファーマーズマーケットに頻繁に

通って色んな島野菜を買っていました。

種類豊富な野菜を見ているだけでも楽しくて、このおかげで料理が少しは好きになりました。笑

これから沖縄を訪れる予定があるという方は、ぜひ地元のファーマーズマーケットに

立ち寄ってみてくださいね。

面白い発見がたくさんありますよ。

 

「料理」の記事一覧

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ