夏野菜オクラレシピで夏バテ知らず!ネバネバ突破で健康美肌!

抗酸化、抗老化作用、美肌と健康ゲット!

オクラ1

一年中スーパーなどの野菜売り場に並んでいる食材の一つで、

体に良いと分かっていてもあのネバネバが苦手、

と好き嫌いが分かれるもの、なんだか分かりますか?

 

そうです、オクラです。私は、ネバネバする食材が苦手なんですが、

オクラはそのネバネバさえなければ美味しく食べられちゃうんですよ。

今回はまた暑くなりそうな夏に向けて、新しいレシピを探してみようと思っています。

 

ちなみに、オクラのネバネバは小さいものほど多く、

大きなオクラになるとそんなにネバネバしないようですよ。

 

まずは、定番でもあり抗酸化、抗老化作用、美肌と健康にも効果ありの、レシピからご紹介です!

 

オクラの胡麻和え

材料: オクラ10本、醤油 小さじ1、みりん 大さじ1、砂糖 小さじ1、いりごま 小さじ1、すりごま 小さじ2

 

  1.  へたを取ったオクラをラップの上に並べ、塩をほんの少しふってレンジで少し固めに温める。
  2.  胡麻以外の材料をボールで混ぜておく。
  3.  オクラは斜めに切る。
  4.  オクラがほんのり温かいうちにタレを混ぜたボールに入れ、胡麻と一緒に和える。
  5.  冷やして皿に盛り付ければ完成。

 

胡麻をいりごま、すりごまの二つを入れた事で食感が変わって美味しく頂けました。

 

 

たくさん食べれる!オクラの豚ロース巻き

材料(4人分): オクラ 2パック、豚ロース オクラの本数分、トマト 1個、ニンニク 2分の1片、水 少々、醤油 大さじ1

 

  •  下準備→ オクラ:1分ほど茹でる トマト:くし形に切る ニンニク:包丁で押しつぶす
  •  茹でたオクラの粗熱が取れたら、豚ロースでオクラ1本を巻く
  •  オクラを巻いた豚ロースに軽く塩コショウをふり、小麦粉をまぶす
  •  熱したフライパンに油を入れ、肉の巻き終わり面から焼く
  •  焼けてきたら裏返し、水、つぶしたニンニク、トマトを加える
  •  煮立ってきたら醤油を回しかけ入れ、完成

 

裏返してからは、手早くするのがポイントでした。

トマトとの相性も抜群でモリモリ食べられました!

 

オクラとパプリカ、長いもの簡単マリネ

材料(4人分): オクラ 1パック、パプリカ 2分の1個、長いも 100g、カニカマ 1パック、ラッキョウ酢50cc、鰹節 お好みで

 

  •  下準備→ オクラ:軽く塩茹でし、乱切り パプリカ:種を取り四角に切る 長いも:皮をむいて角切り カニカマ:ほぐしておく
  •  ビニール袋に材料を全て入れ、ラッキョウ酢を加え馴染ませる。
  •  冷蔵庫で2時間以上置けば、完成

お好みで盛り付け時に鰹節をふりかけて下さいね。

 

甘めで見た目の色どりもとてもきれいですよ。

おそうめんにのせてぶっかけで食べても美味しいです。

オクラ2

 

ネバネバ成分が体にもいいから、健康食としてできればこまめに食したいですよね。

ためしてガッテンでも特集で取り上げられていましたので、参考にしてみて下さい。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20070801/index.html

 

 

まとめ

オクラ3

和え物や漬け込むだけに限らず、ボリュームのある食材と合わせて

メインの一品にもなる使える夏野菜、オクラ。

今回はあまりネバネバ感は感じないレシピばかりご紹介しました。

 

健康維持に、アンチエイジングに、

この夏皆さんも積極的にオクラ料理を楽しんでみませんか。

 

「料理」の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ