北海道ご当地キャラ(ゆるキャラ)稚内:出汁之介,猿払村:さるっぷ!

北海道のご当地キャラはどんなキャラ?!

%e3%82%86%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%ef%bc%91

すっかりお茶の間でもお馴染みのこの顔^^

ご当地ゆるキャラの代表格、ふなっしー。

小学生の我が家の娘も大好きです。^^

 

かわいいケーキになっちゃって

「あー!食べないでなっしー!!」なんて聞こえてきそうですね 笑

筆者の住まいは北海道なんですが、

そんな北国の家庭でもいますよー。

 

ふっかふか、ふわっふわの、ふなっしー!!

%e3%82%86%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%ef%bc%92

娘のお友達も気持ちいいー^^と触ってます。笑

ふなっしーは、見た目の可愛さと、

しゃべりだした時のギャップがインパクトありましたよね^^

そんな子供達にも好かれちゃう、ゆるキャラ。

地域の活性化や街おこしの為に、活躍してくれています。

道産子ママが、北海道のゆるキャラご紹介します^^

 

日本のてっぺん稚内

 

%e3%82%86%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%ef%bc%93

 

アザラシなんですよー

つぶらな瞳が可愛い、その名も「出汁之介」(だしのすけ)

美味しい昆布を食べ過ぎて、手足が昆布になっちゃったんだそう 笑

体の色は、出汁の色なんですって!!可愛いですね。^^

 

北の海でとれる昆布、格別です!

稚内市でとれる昆布は

「利尻昆布」といって、非常にダシが出る美味しい昆布として

有名な一品です。

 

漁師のおじさんがいる筆者は、この昆布を、めちゃくちゃ早起きして

干すのをよくお手伝いに行きました。

夏の天気が良い日は

海沿いに、茶色の昆布の絨毯があちこちに広がります。

 

大きなものだと5m近くになるものもありますが

これを一枚一枚人の手で、広げて、伸ばして・・・

干していくんです。

ものすごく手間がかかるからこそ、

昆布は美味しいんだと思います。

 

体になっているアザラシは

冬になると流氷にのって稚内近郊の海にたくさん来ます。

ゴロンとお腹を出して寝そべる姿は可愛いですよー。

でも、漁師さんにとっては、

海の美味しいものを食べちゃう困った存在なんだそうで、

頭がいたいそうです 笑

 

みなさんも、「出汁之介」がいっぱい食べちゃった

「利尻昆布」

ぜひ食べてみてくださいね!!

うんまいどー!!笑

 

参考 ⇒ 稚内観光協会

 

お次は・・・

 

ホタテが美味しい!!猿払村

%e3%82%86%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%ef%bc%94

こちらはおさるさん!

頭に名産品のホタテがのってるよ~!!

「さるっぷ」

 

にっこりした口が可愛いですね!!

オホーツク海沿岸にある

猿払村はホタテの名産地として、とても有名なところで、

肉厚で、ジューシーなホタテはやみつきになりますよ!!

 

ご当地キャラの「さるっぷ」もホタテの冠かぶってますね^^

猿払村の道の駅には、

美味しいホタテが食べられるホテル・レストランもあります。

夏には、道の駅の周辺でおっきな牛が散歩していますよ。

 

道の駅の後ろは、大きな放牧地になっていて、

気持ち良い潮風に吹かれながら、のんびりしている牛さんがいます。

キャンプ場も併設されていますので、

さるっぷも大好きホタテと

地平線広がる放牧地の景色を楽しみに来てみませんか?^^

 

参考 ⇒ 猿払観光協会

 

まとめ

地域の活性化に一役かってるゆるキャラ。

北海道のご当地キャラはどんなキャラ?!のまとめ

 

・日本のてっぺん稚内市は ⇒ 昆布大好き!出汁之介(だしのすけ)

・ホタテが美味しい猿払村は ⇒ ホタテの冠かぶったお猿さんさるっぷ

 

どちらも特産品をアピールしたかわいいキャラですね!!

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ