眠れない時にすることスマホいじり,画面見ないで音楽聞くようにしてみよう

眠れない時の スマホって

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b

ついつい暇つぶしに手に取ってしまうスマホ。

就寝前、ギリギリまでいじっている人も少なくないでしょう。

スマホのアプリの目覚ましや睡眠コントロールするアプリを入れておいて、

枕元に置いておく人が少なくないようですが、それが睡眠の質を妨げてしまいます。

 

スポンサーリンク

スマホを枕から放して充電

枕元にスマホを置いてしまってはいけないですね。

睡眠記録のアプリもしばらくはやめてみましょう。

また、目覚ましも普通の時計を使ってみて、

枕元からスマホをはなしてみましょう。

 

ブルーライトがいけないらしい

スマホや携帯の画面に使われているブルーライトがあまり目に良くないのは、

ご存知の方も少なくないでしょう。普段もなるべくはなしてみましょう。

暇つぶしについつい、ゲームやSNSの習慣がある方は控えるようにしたいものです。

 

寝付け用のお酒を飲まない

スマホ同様、寝付けにお酒をのむのもあまりよくありません。

お酒を飲むと、程よく眠くなるようですが、利尿作用があり、お酒で眠れても、

トイレで目が覚めてしまいますよね。そして、結局眠れなくなります。

スマホと同様、お酒を寝る前に飲む習慣があるようでしたら、控えるようにしたいものです。

 

日中もスマホやパソコンにやりすぎに注意

就寝前でなくても、日中でもスマホのやりすぎ、熱中しすぎは注意して、ほどほどにして、

目を休めて、ストレス解消しましょう。パソコンも仕事が過密している場合があり、

いたしかたない状況もありますが、ほどほどに休憩して、就寝に寝付けるようにしましょう。

日中、やりすぎてしまうと、興奮状況がさめず、なかなか寝付けないものです。

 

適度な運動をする

適度に運動をすると、就寝時に心地よい疲れがあり、深い眠りになります。

ポケモンGOなど利用して、普段から歩く、運動するなど、体を動かして、

就寝時に心地よい眠りに誘い込む工夫をしましょう。

 

根本的な悩みを解決する

精神的に根本的な悩みを常に抱えていると、就寝時に不安になり、眠れなくなります。

さらに眠れないから、スマホをいじると余計、悪循環になります。

根本的な悩みというのは、一筋縄ではなかなか解決できないですが、

なるようにしかならない、相談するなど、

一時的にでも精神的に軽くなるように解決したいものです。

 

就寝前の音楽を聴く等,自分なりのリラックスタイムを持つ

スマホ、パソコン、テレビなどブルーライトを使用しないものを利用し、

自分なりのリラックスタイムを持つ工夫をしましょう。例えば、ヒーリングミュージックを聴く、

暖かいミルクやハーブティーなどカフェインレス、アルコールなしの飲み物を飲む、

ホームエステをするなど自分なりのリラックスタイムを持つことも大切です。

 

まとめ

ブルーライトは、睡眠障害の原因になります。

何気に日中使用しているスマホですが、

ムダな情報やゲームで眼精疲労や睡眠障害にならないようにしたいものですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ